千葉県の稲毛エリアを拠点にビジネスを考えている方の中で「すでに事業を始めているが、新たに東京の拠点が欲しい」という方やこれから事業を始めるのに「せっかく法人登記するなら東京の住所で開業したい」という方、ぜひこの機会に東京都内でのレンタルオフィス利用を考えてみませんか?

レンタルオフィスであれば、賃貸オフィス契約よりもはるかにローコストでオフィスを持てるだけでなく、電話代行や秘書代行といったビジネスサポートも受けられます。またバーチャルオフィス機能があるレンタルオフィスなら、普段は住所利用、打ち合わせや面談が必要なときだけ個室利用することも可能です。特に千葉在住という方にとっては、東京に拠点があるだけでビジネスチャンスは格段に広がります。

今回は稲毛でワークスペースを探している方を対象に、稲毛エリアのレンタルオフィス事情とおすすめのレンタルオフィスについてご紹介していきます。

稲毛ってどんなエリア?

「稲毛」とは千葉県千葉市稲毛区にある地名であり、主にJR総武線の稲毛駅や京成千葉線の京成稲毛駅あたりのエリアを指す名称として使われています。

かつてこの地は、東京湾に面した松林が広がる避暑地として人気があり、この地の名旅館を好んで訪れたり別荘を立てたりする文人も数多くいたとか。しかし現在では避暑地としてのイメージは薄れ、千葉大学をはじめとする高等教育機関が集中する「文教地区」のイメージが定着しています。

千葉市の都市計画によって副都心機能を有するエリアに位置づけられている「稲毛」ですが、エリア内には住宅街が多く、東京のベッドタウン的な側面も有しています。

稲毛のレンタルオフィス事情

稲毛は学生街やベッドタウンであることから、オフィス街としての要素はほとんど感じられません。

そのため稲毛駅を中心とするレンタルオフィスの数はかなり少なく、希望の条件に合ったレンタルオフィスを探すのは極めて困難といえるでしょう。

そんな中、駅前に唯一あるレンタルオフィスは個室やコワーキングスペースを利用することができるものの、20219月現在すべて個室は満室状態。空室待ちをしている人も多いとみられ、利用したいタイミングですぐに利用できない点で利用はあきらめた方が無難です。

以下に稲毛エリアにあるレンタルオフィスの利用料金イメージや形態などをまとめましたので、検討の際には参考にしてみてください。

稲毛エリアにあるレンタルオフィス料金イメージ

エリア 形態 料金 利用人数 その他
レンタルオフィスA 稲毛駅から徒歩2分 レンタルオフィス、コワーキングスペース 2名用レンタルオフィス

月額51,700円

※参考価格、現在すべて満室

1名~ 24時間利用可

多拠点も使い放題

登記OK

 

用途に応じてフレキシブルな利用が可能なレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」とは?

稲毛のレンタルオフィスは数が少ないばかりか空室もない状態にて、いざレンタルオフィスを利用しようと思ってもすぐに利用できる状況にありません。また値段を見て分かるように、2名部屋で5万円を超える価格設定となっており、

「東京でもないのにこの価格は高いのでは?」と感じる方もいることでしょう。

最近では、東京の主要ビジネス街にあるレンタルオフィスでも同等またはそれ以下の金額で、個室を借りられるレンタルオフィスも少なくありません。そのため「どうしても稲毛エリアにこだわりたい」という方以外は、ビジネス戦略的にも東京のレンタルオフィスを検討するのがオススメです。

中でも東京の一等地「銀座」は日本だけでなく世界にも圧倒的な知名度を持ち、クライアントからも一目置かれるエリア。その銀座に20年以上の長きにわたってレンタルオフィスの運営を続ける老舗レンタルオフィスがあります。それが、バーチャルオフィス機能を併せ持った時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

「銀座ビジネスセンター」は2000年に銀座で運営をスタートし、中小企業経営者を中心に、士業やカウンセラー、個人事業主など幅広い業種の方々に利用されたり、大手企業の短期プロジェクト利用や地方企業のサテライトオフィスにも利用されるなど、多様性を持ったレンタルオフィス。最寄り駅となる東京メトロ銀座駅からは徒歩2分、JR有楽町駅からは徒歩5分という好立地にあり、千葉からのアクセスも非常に便利です。

そんな東京都内に数あるレンタルオフィスの中でも「なぜ銀座ビジネスセンターがイチオシなのか?」、その理由を見ていきましょう。

知名度はバツグン!「銀座」のアドレスを利用したビジネスが可能

先述したように「銀座ビジネスセンター」がある銀座は、日本で知らない人はいないと言われるほど知名度が高いプライムロケーション。銀座エリアにオフィスを構えることが出来るというのは、ステータスだけでなくビジネス戦略上も大きなアドバンテージを持つことができるのです。

もちろん千葉県内で法人登記・住所登記をすることに問題はありません。しかし、クライアントや商談相手に与えるイメージや土地柄(オフィス街か住宅街か)などを考えると、銀座にある「銀座ビジネスセンター」は非常に魅力的。

実際に銀座ビジネスセンターを利用する会員からは、「オフィスが銀座にあることでクライアントへの信頼感が増した」「銀座にオフィスがあると伝えたとたん、商談相手から一目置かれた」といった声も聞かれ、エリアの印象が企業信用力の向上に役立っています。

会員月額料金は月額11,000円から!コストの無駄を徹底的に省いたレンタルオフィス

「銀座にあるレンタルオフィスの料金はかなり高いのでは?」と思っている方も多いかもしれませんが、「銀座ビジネスセンター」の会員月額料金は11,000円~からと銀座エリアとしてはかなりリーズナブル。最大でも月55,000円ということで(部屋利用20時間付き)、とてもお得に銀座オフィスを持つことができます。

また「銀座ビジネスセンター」の会員になると、1時間1,760円~で完全密閉型個室スペースが借りられます。月額固定型のレンタルオフィスと異なり利用した分しか料金はかからないこともあって、月々のオフィス固定費がかさんでしまって困っている、といった方にはとても魅力的です。さらに5分単位の精算となっていることや、キャンセル料が一切かからない点も見逃せません。

稲毛から銀座ビジネスセンターまでの交通アクセス

稲毛駅から「銀座ビジネスセンター」までの移動手段ですが、JR総武快速線で東京駅にて下車(35)JR山手線に乗り換えれば有楽町までわずか2分。そこから「銀座ビジネスセンター」までは歩いて5分の距離となっています。

まとめ

稲毛エリアでビジネスを行っている方または始めようとしている方で「東京に拠点を持ちたい」「稲毛に住みながら東京の住所で活動したい」と思うなら、東京の銀座にある「銀座ビジネスセンター」は非常にオススメ。

「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」は、月額11,000円~の料金で東京に拠点を持つことができ、バーチャルオフィスとしても利用できるとても便利なレンタルオフィス。毎日銀座まで通わなくても、特定のミーティングがある日だけ通勤し、それ以外は自宅や近所のカフェで仕事をする、そんなフレキシブルな利用を可能にしてくれます。

まずは「銀座ビジネスセンター」を一度内覧してみて、その利便性の高さを感じてみることから始めませんか?

おすすめの記事