インターネット環境の拡大が進むにつれ、パソコンやスマートフォンさえあれば仕事に臨めるワークスタイルは人々の生活の一部と化しています。その結果、コロナ禍でもテレワークやリモートワークといった出社せずとも仕事を行えるスタイルにつながり、今なお多くの企業でコロナ対策の一環として実施されています。

 

浅草エリアに自宅や職場がある方の中にも、自宅以外のカフェやファストフードを利用して仕事をしているという方はいることでしょう。

 

しかし、そのようなオープンなスペースでは専用の席があるわけではないため、混雑時だとなかなか席に着けなかったり、セキュリティ面において脆弱だったりと、最適な仕事環境とは言い難いのが現実です。

 

また、浅草エリアは日本有数の観光エリアであり「観光客が入店するとうるさくて仕事にならない」といった状況に悩む方も多くいるのではないでしょうか?

 

しかし「レンタルオフィス」であれば専用個室で仕事ができ、誰にも騙されずに快適に業務をこなせます。また、オフィス家具・備品が付いていることや、法人登記や銀行口座開設が可能なスタートアップ企業のオフィスとなっているレンタルオフィスもあり、ビジネス環境としては抜群。

 

料金も賃貸オフィス契約より安く利用できることもあって、オフィス経費を落とすのにレンタルオフィスに移行する企業もあるようです。

 

今回は浅草でワークスペースを探している方を対象に、自分に合ったレンタルオフィスの選び方とおすすめのレンタルオフィスについてご紹介します。

 

浅草ってどんなエリア?

浅草は東京台東区にある地名であり、浅草駅周辺の範囲を指す名称としても使われています。

 

下谷や深川・本所といった地域と並ぶ東京の代表的な下町であり、日本を代表する観光地の1つとしても有名です。

 

江戸時代より繁華街として栄えてきた浅草は、関東大震災による火災で街が消失し、以後都市計画によって道路拡張などが行われ市街地化が進んだという経緯があります。高度成長期以降は山手線沿線が発展したこともあり、「上野・浅草副都心」として東京のサブセンターに位置づけられてきました。

 

「浅草寺」「雷門」などの歴史的建造物が多いことから、今もなお江戸情緒や下町風情が今もなお残る貴重な街として、日本全国のみならず海外からも大勢の観光客が訪れる人気のスポット・浅草。100年以上も前に生まれた江戸文化・日本の伝統が息づく魅力的でユニークな街として、その存在感は現代でも色褪せることがありません。

 

浅草のレンタルオフィス事情

浅草エリアのレンタルオフィスは、新橋や銀座、渋谷、新宿といった都内の主要エリアに比べると数は限られています。しかし都心エリアに比べるとリーズナブルな金額で個室が借りられるため、スタートアップや副業、テレワークでレンタルオフィスを利用するといったユーザーにはピッタリだと言えるでしょう。

 

ただし個室と謳っていても壁の上部が開いているレンタルオフィスや壁が薄いようなレンタルオフィスも実際には存在します。こうしたレンタルオフィスでは電話やミーティングのたびに「電話専用ルーム」や「会議スペース」を押さえなければならない場合もあるため、利用する際にはきちんと自分の目で確かめてから契約するようにしましょう。

 

以下に浅草エリアにあるレンタルオフィスの利用料金イメージや形態などをまとめましたので、検討する際には参考にしてみてください。

 

浅草エリアにあるレンタルオフィス料金イメージ

 

  エリア 形態 料金 利用人数 その他
レンタルオフィスA 浅草駅徒歩1 レンタルオフィス 個室レンタルオフィス月額55,000(税込)~ 1名~2 オフィス備品完備

24時間365日利用

会議スペースあり

レンタルオフィスB 浅草駅から徒歩1分 レンタルオフィス・シェアオフィス 4席オフィス

月額93,500円(税込)

※マンスリープラン導入例。詳細は要問合せ

1名~ 最短1か月から可能

従量課金制プランもあり

キッズスペースあり

レンタルオフィスC 浅草駅から徒歩2 シェアスペース・コワーキングスペース 1時間2,750円(税込)~ 1名~20 会議やセミナーなど、幅広い用途に使用OK

キッチンあり

3か月先まで予約可能

レンタルオフィスD 浅草駅から徒歩8 レンタルオフィス・コワーキングスペース・バーチャルオフィス 1名用個室

月額25,300円~

(税込)

※空室の値段

※共益費別

1名~2 上部開きタイプの個室

少人数向けレンタルオフィス

登記可能

 

コロナ禍でも安心のワークスペースとしておすすめの「銀座ビジネスセンター」とは?

レンタルオフィスの多くは、個室利用に関しては月額固定型のところも多く、毎日利用する場合にはコストメリットが高いものの、週に1回など月にしても数回程度しか利用しない、といった場合には、利用時間に対してのコストが逆に割高になることもあります。レンタルオフィス選びでは快適な環境はもちろんのこと、できるだけ安いところを、というのが利用者の本音でしょう。

 

そこでおすすめしたいのが、銀座にある時間貸しのレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」。

 

「銀座ビジネスセンター」は2000年から銀座の地で運営スタート、20年以上にわたり利用者を支えてきた老舗のレンタルオフィスです。並木通りとみゆき通りが交差する銀座6丁目の「銀座風月堂ビル」5階を拠点都市、東京メトロ銀座駅からは徒歩2分、JR有楽町駅からは5分という利便性の高さが魅力の一つです。

 

オフィス内装も素晴らしく、ハイグレードなオフィス家具でスペース内が彩られており、クライアントを呼んでの打ち合わせでも恥をかくようなことは一切ありません。利用料金は11,000円~となっていますが、この料金にはバーチャルオフィスとして利用できるサービスがすべて備わっているので、法人オフィスとしてもすぐに利用可能です。

 

また「銀座ビジネスセンター」の個室利用は時間貸しスタイル。月額固定型のレンタルオフィスと違い、使った分だけの清算となり非常に経済的です。1時間1,760円~の料金でオフィス備品も使い放題(一部有料あり)となっています。

 

そんな「銀座ビジネスセンター」がなぜおすすめなのか、以下にその理由を簡単にまとめてみました。

 

常駐秘書によるホスピタリティあふれたレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」には常に10名程の秘書が待機しており、会員企業のビジネスサポートを行ってくれます。

 

会員企業だけでなく電話や来訪で接することもあるクライアントにも好印象を与えることができるホスピタリティにあふれたレンタルオフィスとして、内外から高い評価を得ています。

 

主な業務内容は、来客時の受付対応や郵便物や宅配物の受取・転送対応、電話・FAX対応、清掃作業、事務作業と広範囲に及びます。

 

レンタルオフィスの中には「受付がない」「清掃作業が行き届いていない」といったところもある中、「銀座ビジネスセンター」では受付秘書がつねに笑顔で接してくれますし、部屋利用後には都度清掃を実施してくれるなど、安心安全のレンタルオフィスと言えるでしょう。特にコロナ禍の現在では、アルコール消毒や清掃対応は必須条件。個人任せにすることなく対応してくれるのはうれしい限りです。

防音対策やセキュリティ対策万全のレンタルオフィス

レンタルオフィスの中には、防音対策がされていないところ、電話や打ち合わせの時会話の声が通路や隣室に聞こえてしまう壁の薄いところもあります。最近ではオンライン会議の需要が増え、隣室の声漏れは非常に気になりますよね。

 

しかし「銀座ビジネスセンター」の個室や会議室は完全密閉された作りとなっており、防音対策もしっかりされているため安心。電話やオンライン会議だけでなく、通常のミーティング、面談時にも他人を気にせずに済みます。各個室は施錠可能な扉が付いている上、通路には防犯カメラが設置されており、セキュリティ対策も完璧です。この点はカフェやファミレスといった場所とは大きく異なる点と言えるでしょう。

浅草から銀座ビジネスセンターまでの交通アクセス

浅草駅から「銀座ビジネスセンター」までは、東京メトロ銀座線を利用するのが最短ルートとなります(およそ18)。銀座駅までは乗り換えなしで移動できることもあり、移動における負担は最小限で済みます。

 

まとめ

浅草エリアで仕事に集中できるワークスペースを探しているなら、銀座線で乗り換えなく移動できる銀座のレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」がオススメ。快適な仕事環境が約束され、業務がはかどること間違いなしです!

 

カフェ、ファミレスで仕事をする際の煩わしさが一切ない「銀座ビジネスセンター」をぜひ検討してみてくださいね!

おすすめの記事