レンタルオフィス 豊島園

パラレルワークやテレワークといった新しい働き方が普及する現在、「休日の時間を利用して副業を始めた」「週に数日は会社に行かずリモートワークをしている」というビジネスパーソンが増えています。当然ながら、豊島園エリア周辺に自宅やオフィスがある方も例外ではないでしょう。

その際の作業場所としては自宅やカフェ、ファミレスなどがあると思われますが、「オフィス以外の場所だとイマイチ集中できない」「オンラインミーティングや電話をするのに気を遣う」というネガティブな話題もよく聞かれます。

そんなワークスペースの確保に困ったビジネスパーソンの強い味方となるのが『レンタルオフィス』。
机や椅子はもちろん、オフィス備品類、各種サービス(ドリンクサーバー、コンシェルジュ、電話代行など)なども利用できたりと、自宅やカフェよりもはるかにビジネスを快適に行えます。

今回は豊島園エリアでワークスペースを探している方を対象に、快適なレンタルオフィスの選び方とおすすめのレンタルオフィスについてご紹介していきます。

豊島園ってどんなエリア?

豊島園とは、東京都練馬区にあった遊園地「としまえん」周辺を指す名称です。

2020年に8月に多くのファンから惜しまれながら歴史に幕を下ろした「としまえん」ですが、その玄関口として機能していたのが西武鉄道豊島線および都営地下鉄大江戸線の駅である「豊島園駅」。実際のところ両駅間は100mほど離れており事実上は別々の駅として登録されているものの、いずれの駅も「としまえん」への来園を目的とした乗客たちが多く利用する駅として親しまれてきました。

「豊島園駅」は池袋や六本木といった都内の主要エリアとも乗り換えなしで結ばれていることから、交通アクセスは抜群であり、2000年代に入ってからも両駅合計で平均2万人/日前後の乗降人員を記録していました。2013年には大江戸線のホームにホームドアが設置されるなど駅構内の改革も進められてきましたが、「としまえん」の閉園に伴いその利用者数は年々減少傾向にあるようです。

豊島園のレンタルオフィス事情

豊島園はレジャー的な要素が強いエリアであることから、近隣にレンタルオフィスはほとんど存在しません。
この周辺エリアのレンタルオフィスは、豊島園駅の隣駅である練馬駅周辺に集中する傾向があり、豊島園駅でレンタルオフィスを探すなら、はじめから練馬駅周辺でレンタルオフィス探しをしたほうが効率的です。

豊島園駅から最も近いレンタルオフィスは、徒歩で12分程(約900m)かかるため、交通利便性はそれほど良くありません(練馬駅からは徒歩4分)。しかもコンビニ型オフィスとして気軽に利用できるメリットはありますが、格安であるが故に高級感やラグジュアリーさは感じられず、ビジネスの打ち合わせや商談をする場所としてはやや不向きと言えます。

以下に豊島園エリアにあるレンタルオフィスの利用料金イメージや形態などをまとめましたので、検討する際には参考にしてみてください。

豊島園エリアにあるレンタルオフィス料金イメージ

エリア 形態 料金 利用人数 その他
レンタルオフィスA 豊島園駅から徒歩9 レンタルオフィス、コワーキングスペース、スタジオ 9:002200のフルメンバープラン
月額13,000円※法人契約は要問合せ
1名~ ドロップイン利用OK

オフィス備品完備

スキルコラボレーション支援あり

豊島園よりもビジネスに最適!銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」とは?

前述のように、隣接の練馬駅周辺ならまだしも、豊島園駅周辺にはレンタルオフィスやシェアオフィスはほぼありません。そのため、快適に作業が行える場所をお探しの方は、必然的に別のエリアでオフィスを検討する必要があります。とはいえ練馬駅周辺が良いかというと、正直なところビジネスエリアという印象が薄く、あまりビジネスに適さないというのが印象ではないでしょうか?

単なる作業を行う場所として考えるのであればあまり気にはなりませんが、今後起業を考えたり、事業の発展を早々に見込みたい方であれば、より知名度の高いエリアをビジネス拠点にする方が効率的です。

そこで豊島園エリアでワークスペースを検討している方におススメしたいのが、東京の中でも一等地として名高い、銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

「銀座ビジネスセンター」は2000年から運営を行っている業界屈指のレンタルオフィス。知名度が高く、競争激しい東京銀座の中で、20年以上にわたってバーチャルオフィス機能が備わったレンタルオフィス運営を続けています。
利用者も中小小規模事業者を中心に士業、カウンセラーやコンサルタントいった個人事業主、大企業のプロジェクト利用、地方企業や関東近辺にある企業のサテライトオフィスなど、様々な方や用途に利用されています。

そんなレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」がなぜ豊島園でワークスペースを探すよりも効率的なのか、以下にまとめました。

抜群の知名度を誇る「銀座」アドレスを用いてビジネスが行えるレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は銀座6丁目「銀座風月堂ビル」の5階にありますが、誰もが知る銀座の中でも超一等地と言われるプライムロケーション。交通アクセスの良さは折り紙付きで、最寄り駅となる東京メトロ銀座駅からは徒歩2分、有楽町駅からは徒歩5分という便利さ、さらに銀座一丁目駅や新橋駅、東銀座駅といった駅からも徒歩圏内となっており、山手エリア内であれば30分程度で移動することができます。また新幹線の停車駅となる東京駅や品川駅、さらには羽田空港にも30分圏内で行けるアクセスの良さを誇ります。

現在豊島園を拠点にしている方が起業を考え、法人登記をするような場合、エリア選択はその後のビジネスに大きな影響を及ぼすと言っても過言ではありません。企業がどんな会社なのか、どこに本社があるのかといったところは少なからず意識することでしょう。その際オフィス街にあるような企業と、住宅街の中に本社がある企業だと、やはり前者の方がビジネス相手としてはふさわしいと考えるのでないでしょうか?

銀座にオフィスがある企業としての立ち振る舞いが出来れば、都内だけでなく地方企業にも一目置かれる存在になるでしょう。「名刺交換をした際に銀座にオフィスがある会社であるとわかり安心してもらった」といった方もいるようです。

豊島園エリアを拠点にしているのに銀座にオフィスを持つ、そんなことを実現できるのが「銀座ビジネスセンター」のバーチャルオフィスとして利用可能なプラン。月額11,000円~の会員料金で法人登記や口座開設に必要なアドレス利用が可能であり、通常時はバーチャルオフィスとして銀座の住所を利用、ミーティング時や面談時といった際には銀座の個室を利用する、といったフレキシブルな利用にも適しています。

銀座なのに比較的リーズナブル!月額11,000円~利用できるレンタルオフィス

銀座エリアにあるレンタルオフィスは高い!というイメージを持つ方も多いと思いますが、「銀座ビジネスセンター」は銀座エリアの相場からすると比較的リーズナブルな価格設定にもかかわらず、クライアントに与える印象をさらに高めてくれるような佇まいのレンタルオフィス。

先ほどお伝えしたように「銀座ビジネスセンター」は、月額11,000円~の料金で利用可能ですが、入会金は今のところ無料、そのためイニシャルコストをかけずに利用スタートできるメリットがあります。そのため1人会社やフリーランス、これから事業を立ち上げるスタートアップ企業でも気軽に利用できる点は見逃せないポイントです。

さらに個室スペースは1時間1,760円~の料金で利用可能。月額固定型のレンタルオフィスとは異なり、時間貸しタイプということもあって、使用した分しか料金はかかりません。

豊島園から銀座ビジネスセンターまでの交通アクセス

豊島園から「銀座ビジネスセンター」までの移動手段ですが、西武豊島線で練馬にて下車(2分)、その後西武有楽町線に乗り換えて、東京メトロ有楽町線直通に乗り、銀座一丁目まで行く(乗車時間約40分)のがよいでしょう。

まとめ

豊島園エリアにてワークスペースを探しているなら、バーチャルオフィスとしても利用できる銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」を検討してみてはいかがですか?

独立して起業やフリーランス転身など、新たにビジネス展開を考えている方なら、豊島園よりも交通利便性が良く、知名度も高い銀座を拠点とするのはビジネス拡大に効果的。

一度「レンタルオフィスの銀座ビジネスセンター」のホームページにアクセスして、サービスレベルを感じてみることをおススメします!

おすすめの記事