岡山県内でレンタルオフィスを探している起業準備中の方や、販路拡大に向けて東京進出を目指す岡山県内の企業に向けて、東京のレンタルオフィス契約をするメリットについてまとめてみました。

 

岡山県とはどんなところ?

岡山県は中国地方南東部に位置し、瀬戸内海に面する自然豊かな地域です。瀬戸内の気候と地勢を背景に、独自の文化圏を有するエリアであり、今なお中国・四国地方の交通の要衝として発展を続けています。

瀬戸内海を挟んで対岸に位置する香川県や隣接する広島県とは結びつきが強く、相互交流も盛んです。

 

観光名所としては、国宝にも指定されている「吉備津神社」、美しい町並みが残る「倉敷美観地区」、別名・金烏城とも言われる「岡山城」などが有名です。

 

2020年8月現在、岡山県には7,114.33㎢の面積に1,884,616(20/47都道府県)が居住しています。

 

岡山県の県庁所在地であり最大の都市は「岡山市」。
多くの企業や金融機関などが軒を連ねる行政と経済の中心地です。
JR
岡山駅は、新幹線の停車駅として、東海道・山陽新幹線の全列車が停車するほか、四国・山陰方面の特急列車すべての発着駅であり、在来線7方面と市内路面電車2方面が集まる県内最大のターミナル駅となっており、多くの利用客で賑わっています。

 

岡山県にある他の主要エリアとしては、岡山県南部に位置する中核市である「倉敷市」、西側を広島県に接する「新見市」などがあります。

 

岡山県にあるレンタルオフィス事情

岡山県のレンタルオフィスやバーチャルオフィスは、そのほとんどが岡山市内に集中しています。法人登記もできる個室スペース貸しのものが多いのが特徴です。駅前にあるレンタルオフィスも多く、ビジネスワーカーには絶好のロケーションです。

 

一部ですが、倉敷市や新見市にもわずかにレンタルオフィスは存在しています。両市のレンタルオフィスは、個室利用は可能なものの、法人登記ができなかったり用途が限られていたりするなど制限があります。入居の際も「法人設立後5年を経過していないこと」「独自性・新規性が認められること」などの条件がある場合が多く、すんなり利用できるというものではありません。

岡山県内でなく東京のレンタルオフィスを使うという選択肢

そんな岡山県内で起業を考えている方や、事業拡大に向けて東京進出の準備中である岡山県内の企業が、東京のレンタルオフィスの利用を検討する場合には、次の2つのパターンが考えられます。

 

起業予定でレンタルオフィスを探している人の場合

起業予定であるものの、自宅で法人登記するのが嫌でレンタルオフィスを利用することを考えている人もいることでしょう。その際に岡山県内で法人登記するのではなく、あえて東京のレンタルオフィスを利用して法人登記をすると大きなメリットとなるケースがあります。

たとえば、東京にオフィスがあるだけでブランド力が増し、クライアントの獲得が有利に働くだけでなく、ビジネスチャンスも地方にいる場合に比べて格段に多くなります。顧客単価も高いことが多く、事業拡大スピードが早まる可能性が高まります。

 

県内有数の企業が東京進出の拠点にレンタルオフィスを利用する場合

もう一つは、岡山県内ですでに実績のある優良企業が、事業拡大を図るために東京のレンタルオフィスを利用してさらなる拠点を作るケースです。

東京のレンタルオフィスを活用することで、スピーディかつ低コストで東京の拠点を作ることができるため、事業展開をスムーズに行うことが出来ます。東京オフィスが出来れば、東京での営業も地方から行うより断然やりやすくなりますし、東京にある業界団体に所属することができれば人脈およびネットワークが大きく広がります。

 

岡山県内にある企業が東京のレンタルオフィスを活用するメリット

岡山県内ではすでにそれなりの知名度や実績があるものの、地方経済の成長鈍化に伴い、新たに東京マーケットを狙いたいと考えている企業もあるのではないでしょうか。
そのような企業が東京のレンタルオフィスを利用するメリットには以下のようなものがあります

 

東京の巨大市場の中でビジネスができる

岡山県の人口190万人に対し、東京の人口は1,400万人とおよそ7倍近い人口差があります。

そのため、東京市場ならビジネスチャンスは岡山県内に比べても豊富に存在し、新たな販路や顧客獲得を見込むことができます。

一般的に東京の顧客単価は地方に比べて高い傾向にあり、制作は地元、販売は東京で行うことにより利益を高めるといった戦略を取る企業もあります。そのためにも東京進出はとても重要な営業戦略の1つとなります。
そこで活用したいのが東京のレンタルオフィスです。

 

東京のレンタルオフィスを拠点にテストマーケティングを

岡山県内から東京進出すれば、ビジネスを拡大する大きな足掛かりになるでしょう。しかしながら、東京にはライバル企業も多く、ビジネスの成功が約束されているわけではありません。「どのように新規獲得営業をすればよいだろうか?」「ライバル企業との差別化をどのように図ればよいか?」など、営業活動に不安がある企業担当者もいるのではないでしょうか?

そこで東京のレンタルオフィスを拠点にスモールスタートして、東京市場がどのようなものなのか、東京で自社製品が本当に受け入れられるのか?をまずはテストしてみる環境として、レンタルオフィスは非常に適しています。

なぜなら、レンタルオフィスは賃貸オフィス契約を結ぶよりもはるかにローコストで済みますし、契約のわずらわしさが軽減できます。また、万が一撤退を余儀なくされる場合でも原状回復に多大なコストがかかるといったこともないので、気持ちも楽にスタートできます。

 

日本全国どこの地域の方でも契約可能な「銀座ビジネスセンター」とは?

そこで岡山県から東京進出を考える企業にぜひご紹介したいレンタルオフィスがあります。それが地方企業でも安心して利用できる、東京都中央区銀座にある「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」は2000年から運営スタートし、今年で20年目を迎えるレンタルオフィスです。
東京のど真ん中、銀座和光や三越で有名な銀座4丁目交差点からもほど近い銀座6丁目の「銀座風月堂ビル」の5階に「銀座ビジネスセンター」はあります。

東京メトロ銀座駅B5番出口からは12分、JR有楽町駅からは5分ほどの場所にあり、銀座一丁目駅や新橋駅、東銀座駅からも利用圏内とJRおよび地下鉄のアクセスは十分。羽田空港や新幹線の停車駅でもある東京駅や品川駅へもアクセスしやすい環境です。
成田空港までも高速バスが出ておりLCCの利用にも事欠きません。

 

東京のレンタルオフィスの中でも「銀座ビジネスセンター」をおススメする理由

東京都内にある多くのレンタルオフィスの中で、なぜ「銀座ビジネスセンター」がおススメなのか?その理由をまとめました。

 

常駐秘書が提供するホスピタリティの高いサービス

銀座ビジネスセンターには常時10名ほどの秘書が月曜から土曜の9時~2045分までの間丁寧かつ正確なサービスを提供してくれます。

 

受付対応から電話・FAX対応、郵便物・宅配物対応、お茶出し、清掃対応など、すべてにおいておもてなしの心を持って対応してくれることから、会員企業の方々からも「クライアントから電話応対が好評だった」「いつもレスポンスが早いから安心」といった評価をいただくほどです。

 

事業規模や利用用途によって選択可能な3つのプラン

「銀座ビジネスセンター」は、22ある個室スペースや会議室といった必要な部屋を、必要な時に必要な時間だけ借りることができる時間貸しのレンタルオフィス。

料金プランは「月額10,000円」「月額25,000円」「月額50,000円」の3つのプランから、事業規模や利用用途に合わせて選択することができます。すべてのプランで常駐秘書の受付対応や法人登記・口座開設、郵便物や宅配物の受取や転送サービスが含まれています。

また、個室利用も会員であればいつでも利用できますが、50,000円のプランには32,000円分の利用料金が含まれていて大変お得です。利用の際には、有線・Wi-Fiのネット環境、ホワイトボード、シュレッダー、延長コード、オフォス文具などのツールが無料で使用できるため、わざわざ備品類を購入しなくてよいので、無駄な出費がかかりません。

 

銀座ビジネスセンターまでの交通手段

岡山県内から「銀座ビジネスセンター」への移動に関しては、2つの交通手段が考えられます。

 

まず新幹線での移動ですが、新幹線のぞみの停車駅でもある岡山駅から「JR東海道・山陽新幹線」で東京駅までは約3時間20分かかります。東京駅からはタクシーで銀座まで行くのも良いでしょう。

 

もう一つは飛行機での移動で、岡山空港から羽田空港までは約1時間20分のフライトとなります。

羽田空港から銀座まで、東京モノレールの場合には浜松町で「JR山手線」に乗り換えれば新橋まで約25分。新橋駅から「銀座ビジネスセンター」までは徒歩圏内です。京急線の場合には、エアポート急行で東銀座まで行き(35)、そこから徒歩または「東京メトロ日比谷線」で銀座までは1駅となります。

 

まとめ

岡山県内でレンタルオフィスを検討している起業準備中の方、また東京進出を目指す岡山県内の企業にとって、東京都中央区銀座にある「銀座ビジネスセンター」は地方企業の営業拠点として、交通利便性もコスト面においても非常に最適なレンタルオフィスです。

 

この機会に「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」を利用し、真剣に東京進出を検討してみるのはいかがですか?

おすすめの記事