津田沼周辺で企業プロジェクト用に使える会議室やワークスペース、副業・起業用の拠点となる仕事場を探している方、テレワークやリモートワークで今注目のレンタルオフィスやシェアオフィスを利用してビジネスを活性化させていきませんか?

 

ここでは津田沼エリアで会議室やワークスペース利用を考えている方に向けて、最適なレンタルオフィスやシェアオフィスを探す方法とともに、銀座にあるイチオシのレンタルオフィスについて解説していきます。

 

企業同士の共同プロジェクトや副業・起業に利用できるレンタルオフィスやシェアオフィス

近年、企業の共同プロジェクトによる「異業種コラボレーション」による新たなマーケティングが人気を集めています。予算の豊富な大企業では、新商品を生み出す際にマーケティングやPRに力を入れて大々的に売り出すことが可能です。しかし、予算の限られた中小・小規模事業者では「企画力」や「人的リソース不足」、「マーケティング力の脆弱さ」などを理由に、アイデアはあっても形にできないといったケースが多くありました。そこで、この問題を解決するための手法として注目されているのが「異業種コラボレーション」です。

 

「異業種コラボレーション」は、お互いの強みやリソースを活かし今までになかった新たな視点で商品やサービスを生み出すことができるとあって、多くの企業が関心を寄せています。最近では、インフルエンサーと共同企画したプロジェクトをSNS上でPRしたり、顧客との交流の場を設けたりする企業が増えるなど、「異業種コラボレーション」もオンライン上のエンゲージメントを大切にする時代へと突入しているようです。

 

またオンラインといえば、本業がありながらパソコンやスマートフォンを駆使し、副業や起業を始める人も増加傾向にあります。近年働き方改革が進められてきた背景もあり、終業後や休日の空いた時間に気軽に始められるプログラミンやWebライティング、事務代行、デザイン系などの職種が人気となっています。本業と同様の仕事であれば負担も大きくないため、ある程度実績が付いた段階で独立起業するケースも後を絶ちません。

 

さて、こうした企業同士の事業コラボや副業・起業において外せないのが「ワークスペースの確保」ではないでしょうか。社外のワークスペースとして自宅やカフェ、ファミレスなどは以前から活用されていますが、このような場所では集中して仕事ができなかったり、安定した通信環境の確保が難しかったりするケースも多く存在します。同じ仕事をするのであれば、環境が良い方が当然能率も上がるわけなので、仕事環境に悩む方もいることでしょう。

 

そんな時、強い味方となるのがレンタルオフィスやシェアオフィスです。スタートアップのために多額の費用をかけて一から全てを揃えなければならない賃貸オフィス契約とは異なり、低コストでかつオフィス家具や備品類が用意されていることから、コロナ禍でのテレワークやリモートワークに活用している企業も増えているほどです。

 

そんなレンタルオフィスやシェアオフィスですが、津田沼エリアにはどのようなタイプがあるのでしょうか?

 

津田沼エリアのレンタルオフィスやシェアオフィス事情

津田沼は千葉県習志野市にあるエリアですが、住みたい街ランキングにも入ったことがあるほど自然が豊富でありながらショッピングエリアも充実したファミリー層に人気の街です。

 

そんな習志野市を代表する駅でもある津田沼駅は、JR総武快速線・中央・総武線各停が通る駅であり、東京駅や品川駅に出るのにも大変便利な駅。津田沼駅の半径2?以内には、新京成電鉄の新津田沼駅、前原駅、京成電鉄の谷津駅などもあり、交通網が充実しています。駅周辺はファッションビルや飲食店、ビジネスホテル、教育関連施設などが立ち並び、幕張や船橋などと並ぶ規模の繁華街が形成され、若者やビジネスパーソンであふれた人通りの多いエリアです。

 

しかしながら津田沼エリアは東京都内のビジネス街と比べてレンタルオフィスやシェアオフィスの数は限定的です。料金は比較的リーズナブルではあるものの、法人契約しかできなかったり、反対に学生の利用が圧倒的に多かったりと、顧客層が限定されたケースも多く、手軽なワークスペースとして利用するには不向きかもしれません。また個室レンタルオフィス数は少なく、オンラインミーティングや対面会議などに気兼ねなく利用できるスペースはほとんどありません。

 

以下に津田沼エリアにあるレンタルオフィスやシェアオフィスの利用料金のイメージをまとめましたので、このエリアでワークスペースを探す場合には参考にしてみてください。

 

津田沼エリアにあるレンタルオフィスの料金イメージ

エリア 形態 料金 面積 利用人数 その他
レンタルオフィスA 津田沼駅徒歩3 レンタルオフィス・コワーキングスペース 従量課金プラン

1時間700円?

1名? 法人向けテレワークオフィス

個人事業主の利用不可

レンタルオフィスB 津田沼駅徒歩2 企業サテライトオフィス・シェアオフィス 企業オフィス6名部屋月額161,000円?

個室シェアオフィス

15分290円?

 

- 1名? シェアオフィスは部屋の大きさによって料金が異なる
レンタルオフィスC 津田沼駅徒歩 シェアオフィス 指定席レギュラー

15,900円

900? 1名 レンタル自習室

学生や士業試験対策利用がメイン

?????????????????????????????????????????

バーチャルオフィスが付随した時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」とは?

先述したように、津田沼エリアにはレンタルオフィスやシェアオフィスが少なく、このエリアで理想のワークスペースを探すのは難しいと言えるかもしれません。エリアをずらすにしてもできるだけ環境がいい場所、またはコストパフォーマンスのよいものを探していく必要が出てきます。

 

そこで津田沼エリアを検討している方におススメしたいのが、東京銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」は2000年より運営を行っている業界の先駆者的なレンタルオフィスです。銀座の中でも一等地である東京都中央区銀座6丁目、銀座風月堂ビルの5階フロアでレンタルオフィス事業を展開しています。

 

「銀座ビジネスセンター」の利用者には、スモールビジネスを行っている中小企業や士業、カウンセラー、コンサルタントといった個人事業主、プロジェクト会議の拠点として利用する企業などがあり、様々な事業形態の方に選ばれるレンタルオフィスです。

 

そんなレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」が津田沼エリアでワークスペースを探している方におススメなのか特徴をまとめました。

?

津田沼より銀座!お客様も呼びやすい環境でビジネスを展開できるレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は銀座6丁目、みゆき通りと並木通りが交差した場所にあります。

 

銀座の中にあるレンタルオフィスやシェアオフィスの中には雑居ビルの1室を利用しているところも少なくありません。中にはエレベーターがなかったり、見るからに古い建物や内装でお客様を不安にさせてしまったりするようなものもありますが、「銀座ビジネスセンター」の入居している銀座風月堂ビルはビル自体の知名度も高く、クライアントや商談相手を呼ぶ際にも迷うこと訪れることができる建物です。

 

インテリアや家具にもこだわりを持ち、ハイクオリティな環境で仕事ができるレンタルオフィスとなっています。

 

また「銀座ビジネスセンター」を利用するメリットはなんといっても銀座アドレスを利用したビジネスを行えること。「銀座ビジネスセンター」で法人登記や銀行口座開設を行えば、名刺やWebサイトに記載できる本店所在地が「銀座」であるという対外的なアピールを可能とします。

 

津田沼が人気の街とはいっても銀座の知名度にはかないません。特に起業や副業スタート時には実績がない分、印象を残す意味でも「銀座」アドレスを利用できるのは大きなアドバンテージとなります。企業同士の事業コラボを行うにしても、お互い土地勘があり一流が集まる「銀座」であればやる気も高まります。

?

時間貸しレンタルオフィスなので個室スペースも手軽に利用できる

「銀座ビジネスセンター」では1時間1,600円?というリーズナブルな金額で個室の利用が可能なレンタルオフィス。一般的なレンタルオフィスは月額固定のスペース貸しのところが多いのですが、人気のエリアはなかなか空きが出ないため、待っている間に商機を逃してしまったり、モチベーションが低下してしまったりとなりがちです。

 

そのため、利用したい時に利用したい時間分の予約をすれば利用できる「銀座ビジネスセンター」は無駄なコストをかけたくない方には最適なレンタルオフィスと言えるでしょう。

 

「銀座ビジネスセンター」の個室利用には会員となる必要がありますが、最安値のプランで月額1万円?となっており、銀座エリアでは非常にリーズナブルなレンタルオフィスとなっています。

 

キャンセル料も一切不要ですし、直前のキャンセルでも全く問題ありません。さらに利用料金は5分単位での精算となっているので予約時間で請求されるレンタルオフィスと違い、実質利用時間での清算となるのはとても良心的です。

 

まとめ

津田沼周辺で企業の共同プロジェクト用会議室や副業・起業用のワークスペースを探しているなら、銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」をおススメします。

 

「銀座ビジネスセンター」は、津田沼から電車利用の場合約40分程度となりますが、普段はバーチャルオフィスとして利用し、毎週もしくは隔週で打ち合わせをする際に銀座に出向いて利用するといった活用方法もあります。

 

利便性抜群の「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」で、ビジネスの幅を広げてみませんか?

おすすめの記事