高知県内でレンタルオフィス利用を検討中の起業を目指している方、東京進出を考えている高知県内にある企業に向けて、東京のレンタルオフィス契約をするメリットについてまとめてみました。

 

高知県とはどんなところ?

高知県は四国地方に位置する、全国で3番目に人口の少ない県です。日本最後の清流と称される四万十川をはじめ室戸岬、龍河洞、四国カルストなど天然資源が多い地域としても知られています。温暖な気候と豊かな自然を生かした農業・漁業などの第一次産業が盛んであり、工場などの集積度は低めです。

 

高知県の観光は、ホエールウォッチングや川でのレジャーなど自然を売りにしたものが多く、最近ではエコツーリズムやネイチャーガイドツアーにも力を入れています。また重要文化財に指定されている「高知城」、幕末の志士である坂本龍馬をテーマにした「高知県立坂本龍馬記念館」、四日間にわたって開催される「よさこい祭り」などが有名です。

 

2020年9月現在、高知県には7,103.64㎢の面積に690,668(45/47都道府県)が居住しています。

 

そんな高知県の県庁所在地であり最大の都市は「高知市」。
多くの企業や商業施設などが軒を連ねる行政と経済の中心地であり、県内の約半数が居住する一極集中都市です。市の玄関口は「高知駅」であり、JR四国・土讃線と土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線が発着しています。駅の北口は、空港連絡バスや高速バスが発着するバスターミナルが広がり、県内外を結ぶ交通の中心地となっています。

 

高知市以外の主要エリアとしては、高知空港を有する「南国市」、高知県西部の中心都市である「四万十市」などがあります。

 

高知県にあるレンタルオフィス事情

高知県のレンタルオフィスやバーチャルオフィスですが、ほとんどが高知市内に集中しています。非営利団体や自治体によって運営されているインキュベーション施設が多いのが特徴です。広めのスペースを比較的安価にレンタルできるのは嬉しい点ですが、部屋数が少ないため借りたいタイミングでいつでも契約ができるとは限らないのがウィークポイントです。

 

高知県内でなく東京のレンタルオフィスを使うという選択肢

高知県内で起業予定の方や東京進出を検討中の高知県内にある企業が、東京のレンタルオフィスの利用を検討する場合には、次のようなケースが想定されます。

 

今後起業予定でレンタルオフィスを探している人のケース

今はパソコンやスマートフォンさえあればすぐにビジネスがスタートできる時代ですが、そのような事業での起業を考えている人が地方ではなくあえて東京にて法人登記するといったケースがあります。

東京にアドレスがあることで、地方のみならず幅広いエリアを見据えたビジネス展開が可能となりますし、何より「東京」というブランドが大きなアピールポイントとなります。
また、特に女性に当てはまりますが、自宅を法人の住所として登録するのに抵抗がある場合にレンタルオフィス利用はオススメです。郵便物や電話も転送対応してもらえるので、自宅の情報がクライアント等に漏れることはありません。

 

県内でも知名度のある企業が東京進出時にレンタルオフィスを利用する場合

高知県内ではすでに知名度もある企業が、東京のレンタルオフィスを利用して東京の拠点つくりに勤しむケースもあります。レンタルオフィスであれば、スピーディかつ低コスト・低リスクで東京に拠点を作ることができますし、万が一、事業展開が芳しくない場合でも撤退が容易に行えます。

また東京にオフィスを持つことで、新しい人脈の獲得やネットワーク拡張が行いやすくなります。

高知県の企業が東京のレンタルオフィスを活用するメリット

高知県内ではすでに高い知名度や実績をほこる企業であっても、昨今の景気低迷によって地元経済から脱却して新たなマーケットを狙いたいと考えている企業もあるのではないでしょうか。そのような企業が東京のレンタルオフィスを利

用するメリットには以下のようなものがあります。

 

レンタルオフィスの有効活用で東京進出のハードルが大幅に下げられる

高知県から東京進出する場合、ビジネス拡大のチャンスがある一方で大きなリスクも伴います。
たとえば賃貸オフィス契約を前提に東京進出を考えると、契約にかかる費用やオフィス家具の調達費用などに数百万~数千万もの出費を覚悟する必要があります。こうした出費がネックとなり東京進出の計画が頓挫してしまったというケースはよく耳にする話です。

 

しかし、東京のレンタルオフィスを拠点にした事業展開であれば、本格的にオフィスを移転したり東京営業所を構えたりする前に、自社のサービスや商品が東京や全国市場にて受け入れられるのかどうか事前にテストマーケティングすることが可能となります。万が一撤退を余儀なくされた場合にも大きなリスクを抱えることがないので、安心してビジネスがスタートできます。

 

地方に比べて大きな東京市場の中でビジネスを行えるチャンス

高知県は鳥取県や島根県に次ぐ人口の少ない地域であり、マーケットも限定的です。一方東京の人口は1,400万人規模であり、ビジネスチャンスは比べ物にならないほど豊富に存在しています。

東京進出したからといって事業が100%成功することはありませんが、それでも停滞する地方経済と比べて東京にはなんといっても活気や市場があります。

また、販売拠点を顧客単価の高い東京に置くことにより、利益率向上を見込むことができます。

 

20年の豊富な運用実績、東京銀座にあるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」とは?

そこで高知県から東京進出を考える企業にぜひおススメしたいレンタルオフィスが、東京都中央区銀座にある「銀座ビジネスセンター」です。

「銀座ビジネスセンター」は2000年から運営スタートしたレンタルオフィス業者のパイオニア。

銀座和光や銀座三越で有名な銀座4丁目交差点から数分に位置する銀座6丁目「銀座風月堂ビル」の5階に「銀座ビジネスセンター」は存在します。最寄り駅である東京メトロ銀座駅B5番出口からは徒歩12分、JR有楽町駅からは5分ほどの場所です。

高級感の漂う銀座エリアに立地し、交通利便性も抜群なため、クライアントとの打ち合わせや商談の際にも自信を持って利用することができます。

 

東京のレンタルオフィスの中で「銀座ビジネスセンター」がおススメな理由

数あるレンタルオフィスの中でも「銀座ビジネスセンター」をおススメするのには以下のような理由があります。

 

利用形態によって選べる3つのプラン

「銀座ビジネスセンター」は、全22の個室スペースや会議室を必要な時に必要な時間だけ借りることができる形の時間貸しレンタルオフィスです。

料金プランは「月額10,000円」「月額25,000円」「月額50,000円」の3つ。利用したい企業の事業規模や用途に合わせて自由に選択できるようになっています。

 

たとえば、個人経営のような企業やフリーランスの方の場合、地方に居住していながらバーチャルオフィス機能を利用して面談や重要な商談の際にのみ個室利用を行うといったことができます。東京のアドレスを持つことが出来るため、郵便物の転送や電話の転送も可能です。

入会金は現在のところ0円、保証金(敷金)はありません。

 

3つのプランすべてに常駐秘書の受付対応や法人登記・口座開設、郵便物や宅配物の受取や転送サービスが含まれており、銀座の中でもリーズナブルな料金設定のため、地方企業の方にとってもハードルが低く、安心して利用できます。

 

個人情報の漏洩の心配なし。機密性の高い完全個室で仕事が行える

多くのレンタルオフィスは個室スペースの上部分が開いていたり、簡易的なパーテーションで区切られただけのものとなっており、テレワークが増えている現在、レンタルオフィスとはいえども機密情報の取り扱いには細心の注意が必要となります。

しかし「銀座ビジネスセンター」の個室スペースは全てが天井までしっかりと密閉された空間となっています。そのため隣の電話や打ち合わせ時の声が聞こえることはありません。

通常このような密閉された個室は東京都内でも月10万円~のコストがかかるのが一般的です。ところが「銀座ビジネスセンター」は時間貸しのレンタルオフィスのため、1時間1,600(16名部屋の場合)で利用が可能、週に数回程度の利用であればコストを抑えて使用することができます。

また各部屋には窓が付いているので、圧迫感もなく快適に環境で仕事をすることができます。

 

銀座ビジネスセンターまでの交通手段

高知県内から「銀座ビジネスセンター」への移動に関しては、飛行機での移動が最速です。

 

高知空港から羽田空港までは約1時間15分~25分のフライトとなります。

羽田空港から銀座までの交通手段ですが、東京モノレールの場合、浜松町で「JR山手線」に乗り換えれば新橋まで約25分。新橋駅から「銀座ビジネスセンター」までは数分の距離です。京急線の場合には、エアポート急行で東銀座まで行き(35)、そこから徒歩または「東京メトロ日比谷線」で銀座駅までは1駅です。

 

まとめ

高知県内でレンタルオフィスを検討している起業準備中の方や東京進出や全国展開を目指す企業にとって、東京都中央区銀座にある「銀座ビジネスセンター」は東京の営業拠点として非常に優れた環境が提供されたレンタルオフィスです。

 

「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」を利用して東京進出を現実のものにしてみませんか?

おすすめの記事