自宅のある中央区に仕事場を確保したい、クライアントが多い中央区に本店以外の新たな支店を持ちたい、などとお考えの方へ、後悔しないレンタルオフィス候補地の選び方についてまとめてみました。

中央区はどのような街なのか?

現在、中央区には10.21 ?のエリアに169,404 (22/23区中)の人が居住しています。

 

中央区は、その名の通り東京の中央に位置する区であり、その地域性から大きく4つのエリアに分けられます。

 

「銀座エリア」は、百貨店、有名ブランドショップが立ち並ぶ非常に華やかな商業エリア。ステータスを手に入れるために銀座へ出店する企業が多数あります。最近ではファストファッションブランドの進出も注目されているものの、「洗練された大人の街」というイメージは今も健在です。

 

「日本橋エリア」は、日本を代表する歴史建築と近未来的ビルが共存する地域。江戸時代から続く老舗の店が多いことでも知られます。その一方、日本銀行や証券会社がある金融オフィス街としての側面も持っています。

 

「人形町エリア」は、下町情緒の漂う昔ながらの商店街や問屋街とオフィスビルが混在する街です。職人の技を伝える店や飲食店が多く、風情のある落ち着いた町として人気があります。

 

もんじゃ焼きで有名な「月島エリア」は、かつて工場や倉庫がひしめく街でしたが、現在は下町風情のある商店街を残しつつ、高層マンションの建設が進み、住宅地の多いエリアになっています。

 

そんな中央区には、「東京メトロ線」と「都営線」の2社合わせて8路線が走っており、都内のどこへ行くにもスムーズに移動できます。

中央区にあるレンタルオフィス事情

中央区には銀座のみならず日本橋、茅場町、東京駅周辺など、ビジネス街という特色からか、レンタルオフィスやコワーキングスペースが非常にたくさん存在しています。

中央区のレンタルオフィス賃料イメージ

エリア 総室数 広さ 利用人数 使用料
レンタルオフィスA 銀座 - 7.59㎡ 2名 84,000円
レンタルオフィスB 日本橋 9室 2.5帖 1名 35,000円~
レンタルオフィスC 茅場町 38室 - 3名 75,000円~(フリーレントあり、共益費別)
レンタルオフィスD 八重洲 - 18.03㎡ 12 205,000円(共益費別)

中央区内で法人登記を行うには??

中央区は、千代田区同様にオフィスビルが立ち並び、住宅街という印象はあまりありません。
しかし、近年は勝どきや月島、晴海などを中心とした湾岸エリアに高層マンションが建設され、職住近接を求めたファミリーなどが中央区に流入しており、中央区のイメージが変わりつつあります。

 

そんな中央区内で法人登記を行う場合、現在中央区にお住まいの方だと、まずは「自宅で登記できないか?」と考えるのではないでしょうか?

 

しかし、家族でお住まいの方であれば、自宅を仕事場にするのはビジネス上得策ではありません。自宅の場合、仕事だけに集中するというわけにもいきませんし様々な誘惑があります。また、クライアントを呼ぶことができない、といった問題も生じます。中には法人登記を禁止しているマンションもありますので、ビジネススタートの前段階でつまずいてしまいこともあるでしょう。

 

そこで登場するのがレンタルオフィスでの法人登記です。
バーチャルオフィスのように登記だけ行えるようなものもありますが、実際に仕事場として利用できる個室が備わっているところがベストです。

ただし先ほど述べたように、中央区には非常に多くのレンタルオフィスがあり選ぶだけでも一苦労。雑居ビルのようなところから豪華絢爛なものまで様々ですし、エリアによっては空きがないところもあります。その中から実際に目で見て確認して、と動いていたら時間がいくらあっても足りません。

交通アクセス・立地にも申し分ない「銀座ビジネスセンター」という選択肢

そこで中央区で法人登記可能なレンタルオフィスを検討する方にぜひおすすめしたいのが、内装もしっかりとした高級感のあるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

「銀座ビジネスセンター」までは、中央区のどのエリアからも好アクセス。自身の移動のみならず、クライアントの来訪時にも負担をかけることがありません。

 

そんな「銀座ビジネスセンター」ですが創業は2000年。
レンタルオフィス業界のリーディングカンパニーとして20年に渡り高い評価を受け続けている会社です。現在は銀座6丁目の銀座風月堂ビル5Fに場所をかまえ、450㎡のワンフロアーでバーチャルオフィスと22の個室を時間貸しするサービスを行っています。

またプランによって異なりますが、「銀座ビジネスセンター」の利用料は月額1万円~という低価格にて、秘書サービスや郵便転送サービス、様々な備品が無料で使用可能、といったサービスを受けることができます。

銀座ビジネスセンターがおススメの理由

「銀座ビジネスセンター」をおススメする理由には、以下のようなものがあります。

 

必要な時に、必要な部屋を、必要な時間だけレンタル可能

「銀座ビジネスセンター」は、22の個室や会議室を「必要な時に、必要な場所を、必要な時間」借りることができるレンタルオフィスです。一般的なレンタルオフィスでは使っても使わなくても高い固定費が毎月かかってしまいますが、「銀座ビジネスセンター」では、当日の連絡でもほとんどの場合に希望通りに利用できるため、無駄なコストをかける必要がありません。

 

契約当日から利用が可能

「銀座ビジネスセンター」は契約した日からすぐに利用可能!契約に必要書類の提出や申込書の記入後、基本料金の支払が終われば、すぐにビジネスを開始できます。一般的にありがちなレンタルオフィス契約の半年・1年以上のしばりがなく1か月単位での更新ができるので、負担が少なく済みます。

中央区各所から銀座ビジネスセンターまでの交通手段

中央区内から「銀座ビジネスセンター」のある銀座6丁目の移動については、地下鉄でもほぼ10分圏内です。移動するエリアによっては徒歩でも行けますし、タクシーを利用してもほとんどのエリアから1000円程度の料金で済みます。

 

日本橋の場合

日本橋から「銀座ビジネスセンター」までは、「東京メトロ銀座線」でわずか3分。歩きを入れても10分かかりません。タクシーを利用した場合には650円ほどの料金がかかります。

 

勝どきの場合

タワーマンションが立ち並ぶ勝どきと銀座は目と鼻の先。銀座までは電車(都営大江戸線)を利用するとかなり遠回りのため、「東京駅丸の内南口行き」のバスに乗り、勝どき三丁目~銀座四丁目で下車(9)するのが最短ルートですが、徒歩で移動したり、タクシー(予想料金650)を利用したりしても良いでしょう。

 

人形町の場合

人形町から銀座までは、「東京メトロ日比谷線」に乗り9分ほどで到着します。タクシーを利用した場合には890円ほどの料金がかかります。

まとめ

中央区でレンタルオフィスを探すにあたり「候補地が多くて選ぶのが大変」、「できるだけ固定費は安く済ませたい」という方であれば銀座6丁目にある「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」なら、立地および利用コストも申し分ありません。また中央区に住んでいる方であれば、電車以外にもバス、タクシーでの移動などさまざまな交通手段を利用できますので、自宅以外の仕事場所としても十分に活用することができるでしょう。

おすすめの記事