前橋市内でこれから事業を立ち上げようとしている、またはすでにビジネスをスタートしている方で、販路の開拓や拡大をどのように行えばビジネス効率を高められるか悩まれている方もいることでしょう。

 

前橋市内だけで新しいマーケットを獲得するのは、少子高齢化で地方人口が減ってきている現在では至難の業。販路拡大を狙うなら、人口の多い「東京」のマーケットを無視することはできません。

 

その際、東京への拠点づくりに欠かせないのがオフィスの存在。賃貸オフィス契約を結ぶには時間もコストもかかりますが、レンタルオフィスやバーチャルオフィスであれば簡単かつスピーディーにオフィス立ち上げが可能です。

 

今回は前橋市にいるスタートアップ企業や既存企業の方に向けて、東京都内における拠点作りに便利なレンタルオフィス活用術についてまとめてみました。

 

前橋市の概要

前橋市は群馬県の中南部に位置する市であり、群馬県の県庁所在地です。

 

そんな前橋市には、20215月現在在、約311.59㎢の面積に334,571人が居住しています。人口規模は隣接する高崎市のほうが多く、前橋市は県第二位。新幹線が通り商業施設が充実する高崎市に比べ、行政機関や教育機関が集積し、落ち着いた雰囲気が漂うのが前橋市の特徴と言えるでしょう。

 

地理的には全国の県庁所在地の中で最も海から遠い市とも言われていますが、関東平野の北西端・赤城山のふもとに位置し、周辺には利根川や広瀬川が流れる自然豊かな地域として知られており、都会から移住する人も少なくありません。

 

市の代表駅の1つである「JR前橋駅」は主要幹線から外れていることもあり、ターミナル駅の座を高崎駅に譲っています。しかしJR高崎線によって県内の主要都市や栃木、埼玉、東京には比較的通いやすくなっており、中には近隣県へ通勤・通学する人もいるようです。

 

競合する高崎市との合併案がたびたび出ては立ち消えとなる状況が長期にわたって続いていますが、近年では前橋と高崎が一体となって「政令指定都市実現を目指す活動」や「官民一体となった連携事業」等が行われており、両市の動向に熱い視線が注がれています。

 

前橋市内にあるレンタルオフィス

前橋市のレンタルオフィスやバーチャルオフィスは、前橋駅または中央前橋駅周辺に集中しているものの、駅からやや離れた場所にも複数存在しています。

 

いずれのレンタルオフィスもかなり格安料金で、スタートアップの人にも優しい料金設定がされていますが、占有型のシェアオフィスまたはレンタルオフィス(個室)は満室となっているところも多く、利用を検討したタイミングですぐに利用できるとは限りません。

 

またインキュベーション施設が多いところも前橋市のレンタルオフィスの特徴ではありますが、インキュベーション施設は利用条件が細かく定められており、すでに事業を始めている個人や企業では利用できない場合があるため、あまり期待しない方が良いでしょう。

 

下記に前橋市内にあるレンタルオフィスの料金イメージをまとめてみました。前橋エリアでレンタルオフィスを検討している方は参考にしてみてください。

 

前橋市内にあるレンタルオフィス料金イメージ

 

  エリア 形態 料金 利用人数 その他
レンタルオフィスA 前橋駅から徒歩3 レンタルオフィス・シェアオフィス・バーチャルオフィス レンタルオフィス

月額39,800

1名~ 鍵付き個室

法人登記可能

Wi‐Fi無料

レンタルオフィスB 前橋中央駅から徒歩3 レンタルオフィス・バーチャルオフィス レンタルオフィス

月額21,500円~

1名~ バーチャルオフィスプランはオフィス利用不可

初期費用不要

光熱費込み

レンタルオフィスC 前橋駅から徒歩5 シェアオフィス・バーチャルオフィス フリーデスク

月額11,000円(税込)

1名~ インキュベーション施設

年中無休(年末年始除く)

法人登記可能

レンタルオフィスD 前橋駅から徒歩15分(バス5分) レンタルオフィス・シェアオフィス オフィス(大)

月額33,000

(税込)

 

1名~ インキュベーション施設

起業後5年未満のみ

1年契約(3年まで再契約可能)

 

前橋市以外に東京での拠点を持つメリット

このように前橋市には複数レンタルオフィスがあるものの、すでに前橋市でスタートアップをしている人や事業展開されている企業にとって、同市内に複数の拠点を検討するケースはあまりないかもしれません。

 

むしろ「人脈づくりのために違う土地にも拠点を作りたい」「販路拡大のためにエリアを変えてチャレンジしてみたい」「ゆくゆくは日本全国を商圏に」といったビジョンを持つ方なら県外への事業展開は必然の策とも言えます。

 

とはいえコロナ禍が続く現状では、「新拠点開拓事業では膨大なリスクを抱えることになり、経済の見通しが立たない状況下でのチャレンジは極力避けたい」というのがビジネスパーソンや経営者の本音でしょう。

 

そんな時レンタルオフィスやバーチャルオフィスを利用すれば、巨大なマーケット規模を誇る東京進出も低リスク低コストで実現することが出来るのです。

 

事業のベースは前橋市に残しつつ、マーケティングや営業拠点としてレンタルオフィスを活用することができますし、普段はバーチャルオフィスとして住所利用しつつ、重要な打ち合わせや商談の際にだけレンタルオフィスの個室や会議室を利用するといったこともできるため、非常に経済的です。

 

レンタルオフィスとバーチャルオフィス機能を併せ持った「銀座ビジネスセンター」とは?

「東京の事業用アドレスをゲットしたい」「東京進出の足掛かりにしたい」という方におススメなのが、東京銀座にあり、レンタルオフィスとバーチャルオフィスの2つの側面を持つ時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

 

銀座という都内でも有数な超一等地にありながら、月額11,000円~の料金で利用可能な「銀座ビジネスセンター」は、2000年の開業時からこれまで20年以上の運営実績を誇ります。アドレスは銀座6丁目「銀座風月堂ビル」の5階、最寄り駅の東京メトロ銀座駅からは徒歩2分、JR有楽町駅からは徒歩5分と交通の便は申し分ありません。

 

「銀座アドレス」が利用できるレンタルオフィス・バーチャルオフィスとあって、都内のみならず日本全国からの利用者も多いのが特徴の一つとなっています。

 

そんな「銀座ビジネスセンター」が、なぜ前橋をベースとする企業のバーチャルオフィスとして利用するのにおススメなのか、以下に簡単にまとめてみました。

 

知名度抜群!「銀座」アドレスで勝負ができるレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」のアドレスは「東京都中央区銀座6-6-1銀座風月堂ビル5F」。会員になれば、法人登記・銀行口座開設に必要な住所をこの銀座のアドレスで行えます。ホームページや名刺に記載して事業をすれば、相手に与える印象も良くなること間違いなし。「銀座にオフィスを構えているしっかりした会社」という信頼感が、取引上の安心にもつながります。

 

銀座は全国でも名の知れ渡った知名度抜群のエリア。グローバルにも知られるこの地のアドレスは何事にも代えがたい武器になります。特に地方企業やスタートアップ企業、1人会社、フリーランスなど、規模が小さく実績がない場合でも、銀座オフィスをアピールするだけで取引の幅は広がることでしょう。

 

秘書のクオリティは一級品!ホスピタリティが魅力のレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」には10名程の常駐秘書がスタンバイ、バックオフィス業務を中心とした会員へのビジネスサポートを行っています。

 

他のレンタルオフィスと比べて圧倒的に違うのがサービスクオリティであり、秘書一人一人がお客様のニーズを汲み取った上で業務を行う徹底ぶり。その根底には携わっている秘書全員が正社員であることが挙げられます。教育・研修をしっかり積み、接客ノウハウを身に付けた上で対応しているため、アルバイトや派遣社員を置いているレンタルオフィスとは一線を画しているのです。

 

中には、常に正確・丁寧に仕事を行う姿を見て、「他のレンタルオフィスはもう利用できない!」という会員もいるほどです!

 

まとめ

前橋市内でレンタルオフィスを検討している方、また今後の東京進出を検討している企業にとって、東京銀座にある「銀座ビジネスセンター」は、バーチャルオフィスとレンタルオフィスのハイブリッド型でありながら、月額11,000円~のリーズナブルな料金で利用できる、良心的なレンタルオフィス。

 

低リスクで東京デビューに最適な「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」で、事業をスタートさせてみてはいかがですか?

おすすめの記事