レンタルオフィス長野市

長野市内に会社をお持ちの企業や、これから会社設立を控えている方の中には「どうせ事業展開するなら東京に拠点を持ちたい」といる方もいるのではないでしょうか。とはいえ、東京にオフィスを構えるにはコストもかかりますし、契約における手間や物件探しなどやることがたくさんあって、ずるずると後回しにしている、そんなことはありませんか?

もし東京に拠点を持つのであれば「レンタルオフィス」の活用がおススメです。
レンタルオフィスなら、初期費用もそれほどかかりませんし、面倒な契約も比較的スムーズに行えます。

今回は東京都内に拠点づくりを考えている長野市内の既存企業や個人事業主の方に向けて、長野市内のレンタルオフィス事情と、都内にあるおすすめのレンタルオフィスについて解説していきます。

長野市とはどんなところ?

長野市は長野県の北信地方に位置する街であり、長野県の県庁所在地および中核市に指定されています。
同市は、長野県北部の中心都市であるほか、県内への玄関口としても機能しており、特に「長野駅」は最大のターミナル駅として北陸新幹線の終始駅、そして市内を結ぶ鉄道の要衝駅として有名です。駅周辺には、長野県を代表する観光スポットである「善光寺」をはじめ、企業のオフィスや教育機関、商業施設などが軒を連ねています。

そんな長野市には2021年11月現在371,891人が居住。自然豊かでありながら、買い物やレジャーにも事欠かないバランスの取れた街は、単身世帯だけでなく子育て中のファミリー層からも人気です。

長野市内のレンタルオフィス事情

長野市のレンタルオフィスやバーチャルオフィスは、「長野駅」周辺に集中しているほか、「権堂駅」「市役所前駅」などにも点在しています。いずれも最寄り駅から徒歩8分圏内と交通利便性は抜群で、雨や雪の日でもスムーズに通勤できるのがメリットです。

ただし条件の良い個室オフィスは争奪戦になりやすく、すでに満室となっていたり、予約待ちが発生していたりと、入居したいタイミングですぐに入居できない場合があるため注意が必要です。また個室になると5万円を超えるケースが多く、個人事業主やスタートアップ企業の方にはややハードルが高いと感じることもあるかもしれません。

参考までに、長野市内にあるレンタルオフィスの利用料金イメージや形態などを下記に記載しましたので、気になる方はチェックしてみてください。

長野市内にあるレンタルオフィス料金イメージ

エリア 形態 料金 利用人数 その他
レンタルオフィスA 長野駅直結 レンタルオフィス 2名用個室

月額54,000円~

1名~6名程度 Wi-Fiあり

オフィス家具完備

会議室利用は30500円~

レンタルオフィスB 長野駅から徒歩1分 コワーキングスペース フリー席会員

月額7,590円~9,240

※個室は現在満席

1名~4 365日利用可能

ビジネスツール完備

個室のみ登記可能

レンタルオフィスC 長野駅から徒歩2分 レンタルオフィス、コワーキングスペース、バーチャルオフィス 要問合せ 1名~ 法人登記可能

ビジネスツール完備

24時間365日利用OK

レンタルオフィスD
長野駅から徒歩3 レンタル会議室 会員価格

3時間1,650円~

(別途、月額会費が必要)

1名~6 オフィス家具完備

ドロップインOK

会員のみ個室ブースも利用可能

レンタルオフィスE
長野駅から徒歩8分 レンタルオフィス、シェアオフィス、バーチャルオフィス 個室プラン

月額52,000円~

1名~ 友人受付

法人登記可能

オフィス家具完備

格式高い「銀座エリア」で20年以上の運営実績を誇るレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」

東京都内のレンタルオフィスをエリアで選定するには、どのような場所が良いのでしょうか?
一番良いのはビジネス街・オフィス街のイメージを持った場所がベストです。たとえば、新宿や大手町、銀座、六本木といった場所であれば多くの企業が集まっているのでビジネス色は強いと言えます。反対に渋谷や秋葉原、池袋といったエリアはビジネス街というよりも歓楽街的な印象が高い街です。

このように東京都内といってもエリアによってイメージは大きく異なることを知っておくとエリア選定を間違えることはありません。おすすめとしては格式が高いイメージの「銀座」は知名度も高いため、東京オフィスとしてアドレスを使用するのにも十分価値があります。

中でも一番におススメしたいのが、銀座エリアにて20年以上の運営実績のある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

「銀座ビジネスセンター」は2000年より銀座で営業を続ける老舗のレンタルオフィス。銀座6丁目にある「銀座風月堂」の5Fにて、450㎡のワンフロアーを使ったバーチャルオフィスと時間貸しレンタルオフィスを展開しています。
利用者は中小小規模事業者を中心に、個人事業主や士業、カウンセラー、さらには大企業の短期プロジェクトや地方企業のサテライトオフィスとしても活用されています。

「銀座ビジネスセンター」がおすすめの理由については、以下に簡単にまとめてみました。

月額11,000円~の料金にて「銀座アドレス」が利用可能なレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は会員になると月額11,000円~の料金で利用が出来ます。
プランは全部で4つあり、すべてのプランにおいて法人登記や銀行口座開設に必要となる銀座アドレスが利用可能となっているほか、郵便物や宅配物の受取・保管・転送対応を受けることができます。上位プランにおいては電話対応、FAX対応、秘書代行といったサービス、20時間までの個室利用が付いたプランもあります。

普通で考えると銀座にオフィスを構えようと思ったら、数百万~数千万の費用がかかってくるものの、「銀座ビジネスセンター」を利用すれば月11,000円で銀座アドレスを利用でき、ホームページや名刺に会社のアドレスとして記載できるので、「名刺に銀座住所を記載でき、対外的信用が高まった」という方がいるなど、銀座にオフィスを持つことはビジネス上大きなメリットとなります。もちろん、銀座にオフィスがあるからといってすべてのビジネスが上手くいくわけではありませんが、少なからず他社へのインパクトは与えることができる、それが「銀座」のエリアメリットです。

常駐秘書のスキルの高さが評判のレンタルオフィス

受付スタッフが派遣社員やアルバイト社員というレンタルオフィスも多くありますが、その場合スタッフがすぐに変わってしまったり、教育が行き届かなかったりと、ノウハウや知識の共有ができずサービスクオリティが下がってしまいがちです。

しかし「銀座ビジネスセンター」は受付秘書全員が正社員雇用、じっくり教育研修をしっかり受けたうえで接客対応するため、仕事は正確かつ丁寧と、会員からの評判も上々です。

受付秘書の主な業務
  • 来客時の受付対応
  • 電話・FAX対応
  • 郵便物の受取・保管・転送対応
  • 清掃作業等
  • 契約時の対応
  • 内覧希望案内
  • 個室予約対応
  • 備品補充 など

まとめ

東京への拠点を検討したい長野市内の既存企業やスタートアップ企業、個人事業主の方、東京進出を現実のものにするなら銀座にあるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」の利用が最適です。

レンタルオフィスの銀座ビジネスセンター」は、月額11,000円~の料金で利用可能なレンタルオフィス。バーチャルオフィスとしての利用が出来る点は地方企業にとってうれしい限り。東京に常時スタッフをおかなくても、おもてなし精神にあふれた受付秘書が会員企業を丁寧にサポートしてくれます。

ぜひ一度「銀座ビジネスセンター」のホームページを覗いてみてください!

おすすめの記事