サテライトオフィスとは、企業の本社所在地から離れた場所に設置されるワーキングスペース。コロナ禍以前から働き方改革が叫ばれていましたが、多様化する労働環境に合わせてサテライトオフィスの利用も増えています。このサテライトオフィスの由来は、本社を中心とした場合に衛星(サテライト)のように事業所が置かれる様子から名付けられたとのこと。

これまで東京都内にサテライトオフィスを構えるケースだと「郊外に本社を置く企業の東京営業所」や「地方企業の東京オフィス」といった利用が数多く占めていました。しかし、コロナ禍を通じてリモートワークが増えたり、子育てや介護といった家庭環境との労働バランスを考え、本社と自宅間のエリアにサテライトオフィスを構えたりする企業も出てきています。

そんなサテライトオフィスですが、その実態はレンタルオフィスやコワーキングスペース、シェアオフィスを利用する形のため、具体的なオフィス形態は存在しません。よってどのような施設をサテライトオフィスとして利用するかは、利用目的やコスト、利用人数などによっても変わってきます。

ここでは、東京都内または東京郊外にてサテライトオフィス利用を検討している企業や団体の方に、最適なオフィスの選び方についてお伝えしていきます。

サテライトオフィスの種類

サテライトオフィスには設置されるエリアによっていくつか種類があります。

都市型サテライトオフィス

都市型サテライトオフィスとは、その名のとおり都市部に設置されるサテライトオフィスを言います。こちらを主に利用するのは、地方に本社を持つ企業。東京オフィスという位置づけでサテライトオフィスを設置するケースです。賃貸オフィスを契約するよりはコストも安く済むため、地方企業がスポット的に東京に拠点を置いてマーケティングに利用する場合や、企業のブランディングの一環として東京にオフィスを持つ企業として見せる際に利用できます。

郊外型サテライトオフィス

郊外型サテライトオフィスとは、都市部に本社を持つ企業が従業員の住むエリアとの間に拠点を郊外エリアに設けるものを言います。通勤時間の負担を減らすなど労働環境の改善を図ったり、育児や介護でやむを得ず離職する社員を引き留めたりできるといったメリットがあることや、企業側にとっても交通費の軽減につながるなど、郊外型サテライトオフィスは効力を発揮します。

地方型サテライトオフィス

地方型サテライトオフィスとは、都市部に本社を持つ企業が地方に拠点を構えるものを指します。地方型サテライトオフィスのメリットは、地方にいる優秀な人材の雇い入れや、震災や災害の多い日本においてはBCP(事業継続計画)の一つとして、設置されることがあります。最近では地方自治体が積極的に都市部の企業誘致を図るなど、地方におけるサテライトオフィスも増えてきています。

サテライトオフィス活用のメリット

企業がサテライトオフィスを設置する最大のメリットは、コスト面にあります。コロナ禍によって労働環境は激変し、都市部本社への出社が不可欠ではないということが社会的にも認知されました。そのため、コロナ禍が少々落ち着いた現在でも、リモートワークを導入している企業は多く、なかにはオフィス賃料を下げるために、事務所を移転する企業も現れています。オフィス賃料以外にも、従業員の残業代や通勤交通費、光熱費といったコストを下げるのに、サテライトオフィスの積極的な活用は企業にとって大きなメリットとなっているのです。

サテライトオフィスのデメリット

一方で、サテライトオフィスにもデメリットがあります。
たとえば

  • コミュニケーションの難しさ
  • セキュリティ
  • 労務管理

といった点においては、サテライトオフィスの運用の難しさを感じることもあるとされています。特にコミュニケーションにおいては、オンラインミーティングが一般化されてきたとはいえ、細かなニュアンスの伝達の難しさに苦労している方も多いと思います。また、セキュリティ面については、利用するサテライトオフィスの施設状況にも依存することとなります。専用個室を利用するレンタルオフィスの場合では、施錠扉や監視カメラ等の設置有無、共有スペースを利用するシェアオフィス利用の場合には、個人パソコンのセキュリティ設置にも注意を施す必要があります。いずれにせよ、サテライトオフィス契約時にはセキュリティ対策についてしっかりと確認しておきましょう。

サテライトオフィスを選ぶ際のポイント

東京都内にサテライトオフィスの設置を検討している企業の場合、どのようなサテライトオフィスを選ぶと良いのでしょうか?例えば、営業拠点ということを考えて設置する場合には、交通利便性の高い場所にあるサテライトオフィスを選ぶ必要がありますが、ブランディングの一環として設置する場合には、東京都内でも知名度の高いエリアやオフィス街のあるサテライトオフィスを利用するのが賢明です。

特に地方企業が東京都内にサテライトオフィスを設置しようとする場合、東京に精通していない企業だと、単に料金の安さや駅からの近さだけを条件として、不便なエリアにあるサテライトオフィスを契約してしまった!ということになりかねません。

そこでおすすめしたいサテライトオフィスとして、銀座にあるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」を紹介します。

サテライトオフィスに最適!東京銀座にあるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」

「銀座ビジネスセンター」は2000年より銀座で営業し続けている業界の先駆者たるレンタルオフィス。銀座6丁目にあるみゆき通りと並木通りの角に位置する「銀座風月堂ビル」の5階に450㎡のワンフロアーを利用した、高級家具完備の完全個室22部屋が設置されたレンタルオフィスです。交通利便性も高く、最寄り駅となる東京メトロ銀座駅からは徒歩2分、JR有楽町駅からは徒歩5分という便利さが魅力。新幹線停車駅となる品川駅や東京駅、空の玄関口となる羽田空港へも30分圏内という点も見逃せないポイントです。

「銀座ビジネスセンター」の最大の特徴は、時間貸しレンタルオフィスであること。月額固定型のレンタルオフィスの場合、使用してもしなくても個室利用料がかかりますが「銀座ビジネスセンター」の場合だと、1時間1,760円からの料金で利用した分のみ精算されるタイプのレンタルオフィス。「銀座ビジネスセンター」の会員となるには月額利用料金がかかりますが、こちらは法人登記や口座開設時に必要な銀座アドレスの利用や郵便物の受取・保管・転送対応が含まれているため、バーチャルオフィスとしても機能してくれます。郵便物の受取漏れなどが発生せずに済むのも、地方企業にとっては便利なサービスです。またプランによっては電話転送・FAX転送サービスも付いているため、地方にある本社側でも東京にいるかのようにビジネスを行える点は魅力だといえるでしょう。

銀座ビジネスセンターの個室利用においては、オフィス家具やオフィス備品が備わった完全個室が利用可能。法人契約の場合、1契約で5名までの利用者登録が可能となっているため、少人数利用であれば賃貸オフィス契約よりもリーズナブルです。

東京でのサテライトオフィスに、レンタルオフィス「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」はとてもおすすめです。

おすすめの記事