これから起業に向けて三重県内でレンタルオフィスを探している方や、東京進出を目指している三重県内の企業に向けて、東京のレンタルオフィス契約をするメリットについてまとめてみました。

 

三重県とはどんなところ?

三重県は近畿地方に属し、紀伊半島東部に位置する県です。

海と山に面した豊富な自然に囲まれ、農業・水産業・畜産などの第一次産業が盛んな地域であり、大阪市と名古屋市の中間地点という地の利を生かした企業の生産・物流拠点としての側面も有しています。また、お伊勢参りや鈴鹿8時間耐久ロードレースなどの観光産業でも有名です。

 

2020年8月現在、三重県には5774.45㎢の面積に1,770,446人(22/47都道府県)が居住しています。

 

三重県の県庁所在地は「津市」ですが、県内最大の人口を有数するのは「四日市市」です。

四日市市は中京工業地帯を代表する工業都市であり、三重県を代表する商業エリアです。
そんな四日市市の中心駅は「近鉄四日市駅」。駅周辺には、大規模商業施設や飲食店、金融機関などが立ち並び賑わいをみせています。また、近鉄四日市駅から東方に約1.1㎞の地点にはJR「四日市駅」もあり、交通利便性の高いエリアとなっています。

 

三重県にある他の主要エリアとしては、国内モータースポーツの聖地鈴鹿サーキットのある「鈴鹿市」、伊勢神宮で有名な「伊勢市」などがあります。

 

三重県にあるレンタルオフィス事情

三重県のレンタルオフィスやシェアオフィスは、県の最大人口を誇る四日市市と県庁所在地のある津市にいくつか存在しています。残念ながら、そのほかのエリアにレンタルオフィスはほとんど存在しません。また、シェアオフィスやコワーキングスペースなども見つけるのが難しいのが現状です。

 

またレンタルオフィスの特徴としては、個室利用および法人登記可能であるものの、駅近のレンタルオフィスの個室は比較的値段が高めであること、また人気ゆえに空きが少ない状態にあります。
そのためすぐに入居できない場合があることは頭に入れておく必要があります。

三重県内でなく東京のレンタルオフィスを使うという選択肢

さて、三重県内で起業を考えている方や、東京進出を目指している三重県内にある企業が、東京のレンタルオフィス利用を検討する場合、次の2つのケースが想定されます。

 

起業準備中の人の場合

昨今IT起業がブームですが、Webサイト制作や動画関連事業のような場所を選ばないタイプの起業を検討している場合、三重県内ではなくあえて東京のレンタルオフィスを選択することがメリットとなるケースがあります。

 

たとえば、東京のレンタルオフィスで法人登記や口座開設を行えば、東京のアドレスを活用してビジネスを行えますので、のちのちの事業展開に有利に働く可能性が高まります。
また、三重県内で生活しながら週に1度だけ東京へ出張する、といったような働き方も可能ですし、ゆくゆくは東京に移住したいと考えている起業家にもおすすめです。

 

三重県内で実績がある企業が東京進出する場合

もう一つは、三重県内ですでに実績のある企業が東京進出する際、まずはレンタルオフィスを利用して様子を見るケースです。
レンタルオフィスをうまく活用すれば低リスクでスモールスタートから始めることができます。実際にレンタルオフィスを使って少人数のスタッフで東京のマーケット調査を行う地方企業もすでに存在していますので、安心してビジネスを行うことが出来ます。

 

三重県内の企業が東京のレンタルオフィスを活用するメリットとは?

三重県内ではそれなりに知名度はあるけれど、全国展開によってさらに認知度を上げたい!という企業が、東京のレンタルオフィスを利用するメリットについて、もう少し深堀りしていきましょう。

 

三重県内と比べて東京のマーケットのほうがビジネスチャンスは多い

三重県の人口約180万人、それに対して東京の人口は約1,400万人。人口差にして1,200万以上の差があります。
東京にオフィスを構える企業の数いため、ビジネスチャンスは三重県内での事業展開に比べると格段に広がります。
東京でビジネスチャンスを掴めれば、更なるマーケットの拡大や知名度アップが見込めます。

 

レンタルオフィスを利用すれば低リスクで東京のマーケットリサーチができる

地方企業にとって、東京への事業進出には大きなリスクが伴います。
たとえば、賃貸オフィス契約を前提とした場合、物件の契約費用だけでなくオフィス備品や人件費などで数百万単位での出費がかかります。

また、事業展開に失敗した場合のリスク(撤退条件)も考えておかなければなりません。

しかしレンタルオフィス契約であれば、最初から大きなリスクを抱えることなくビジネスを始められるため、初期投資を大幅に軽減できるほか、数ヶ月間のみのテストマーケティングなど、東京進出の是非について様子を見ることもできます。

全国的にも知名度抜群!銀座にある「銀座ビジネスセンター」とは?

そこで三重県から東京進出を考える企業にぜひおススメしたいのが、東京都中央区銀座にあるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」は2000年から運営スタートした、レンタルオフィス業界のパイオニア。
20年という長きにわたってレンタルオフィス運営を続けており、現在でも多くのお客様に利用されている安心と信頼抜群のレンタルオフィスです。中小企業や士業の方のみならず、大企業がプロジェクト単位で利用するなど、様々な用途に合わせた利用が可能です。

 

「銀座ビジネスセンター」があるのは銀座6丁目の「銀座風月堂ビル」の5階、並木通りとみゆき通りが交差するエリア。東京メトロ銀座駅B5番出口からは12分、JR有楽町駅からもおよそ5分と非常にアクセスがよいのが特徴です。
また、銀座一丁目駅や新橋駅、東銀座駅も徒歩圏内のため、都内への移動には事欠きません。

さらに、羽田空港や新幹線の停車駅である東京駅や品川駅からのアクセスも抜群。地方への往来にも便利なロケーションとなっています。

 

東京のレンタルオフィスの中でも「銀座ビジネスセンター」をおススメする理由

東京には無数のレンタルオフィスがありますが、その中でもなぜ「銀座ビジネスセンター」がおススメなのか?その理由をいくつかまとめました。

 

地方企業でもレンタルオフィスのメリットを十分に享受できる

「銀座ビジネスセンター」は、22ある個室スペースや会議室といった必要な部屋を、必要な時に必要な時間だけ借りることができる時間貸しのレンタルオフィスです。
料金プランは、月額10,000円、25,000円、50,000円の3つのプランが用意されています。プランによって利用できるサービスが異なりますが、いずれのプランでも法人登記や口座開設が可能、さらに常駐秘書による受付応対サービスや郵便物の引受・転送サービスが受けられます。

 

個室利用は会員になればどのプランでも利用することができますが、50,000円のプランであれば20時間の利用料金込み(1か月32,000円分)となっています。利用の際には何人かのスタッフが別々で使用することも可能です。ただし料金は各部屋それぞれにかかります。

 

事業や用途に合わせた使い方ができ、小さく始めたいと考える地方企業の方でも問題なく安心して利用できます。

 

常駐秘書の高いおもてなしサービス

銀座ビジネスセンターには常時10名ほどの秘書が待機しており、丁寧で正確なサービスをお客様に提供しています。その高いスキルとサービス精神は他のレンタルオフィスと比べても非常に高いとの評判です。
例を挙げると「電話は3コール以内に出る」「かかってきた電話内容から営業電話と仕事の電話を聞き分け、適切な応対をしてくれる」「受付応対はいつも笑顔」「郵便物や宅配物の受取や転送対応の間違いをしない」など、しっかりしたビジネス対応をしてくれるため、安心して秘書業務を任せることができます(電話対応サービスは特定プランのみで利用可能)

 

銀座ビジネスセンターまでの交通手段

三重県から「銀座ビジネスセンター」のある銀座へ移動する際には新幹線利用が一般的です。他に高速バスという移動手段もありますが、いずれにせよ東京駅を目指した形で動くことになります。

 

新幹線の場合ですが、三重県からまずは名古屋駅に行き、そこから「JR東海道新幹線」で東京駅までは約1時間40分ほどかかります。東京駅から「銀座ビジネスセンター」のある有楽町まで「JR山手線」で1(2)、そこから徒歩5分ほどで到着します。東京駅からタクシーを利用した場合、銀座までは1,000円かからず移動できます。

 

まとめ

三重県内でレンタルオフィスを検討している起業準備中の方、また東京進出を目指す三重県内の企業にとって、東京の銀座にある「銀座ビジネスセンター」は、とても利便性が高く、どんな方にも安心して利用できる信頼性の高いレンタルオフィスと言えます。

 

東京都内にあるたくさんのレンタルオフィスの中でもホスピタリティ精神にあふれた「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」で東京進出をスタートしてみるのはいかがですか?

おすすめの記事