起業したてのスタートアップ企業やフリーランス、副業する際のビジネス拠点にオフィスの存在は不可欠です。

 

そんなオフィスの種類は多種多様化しており、名前を聞いただけではどんなオフィスかわからないこともしばしば。

 

特に最近ではレンタルオフィスとバーチャルオフィスがセットになっている施設も多く、どのような違いがあるのかよくわからずに契約してしまう人も中にはいるようです。

 

そこで今回はレンタルオフィスとバーチャルオフィスの違いについて詳しく見ながら、おススメのレンタルオフィス・バーチャルオフィスについてお伝えしていきます。

 

レンタルオフィスの基本情報

レンタルオフィスとは、運営会社が契約または所有しているフロアを小分けにし、専用個室化したスペースを月単位や時間単位で貸し出しているものを指します。

 

レンタルオフィスの部屋の広さは運営会社によってばらつきがありますが、1人用の場合、机や椅子が1セット置けるほどの11.5坪前後のスペースが標準的なサイズとなっています。他にも23人用、6人用、10人用など、事業規模や利用用途に応じた大小さまざまなスペースが設置されているところもあります。

 

立地は、主要駅周辺やランドマークとなるようなビルの中に入っており利用しやすさが売りのレンタルオフィスも多いですが、中には広さを重視した結果、駅から10分以上かかってしまうようなところもあるので選ぶ際には注意が必要です。

 

またレンタルオフィスの形態もさまざまで、完全個室型のレンタルオフィスや、パーテーションや簡易間仕切りで仕切られたタイプのもの、ミーティングの際には別途会議室の予約が必要な会議室分離型のもの、会議室もオフィスワークも同じ部屋で行えるタイプのものなどがあります。

 

さらにレンタルオフィスの中には備品類の使用が利用料金に含まれているところも多く、机や椅子はもちろんのこと、Wi-Fi利用やプロジェクター、コピー機、電話、FAXなど事業運営に必要なグッズ類が一通りそろっており、一から自分で用意することなくビジネスを開始することができるのです。

 

バーチャルオフィスの基本情報

バーチャルオフィスとは、固定スペースを利用するレンタルオフィスとは異なり、物理的なオフィス契約をするのではなく住所利用をメインとして契約したい人に向けて貸し出すオフィスのことを指します。つまり仕事をするのは自宅やカフェといった場所で、名刺等に記載する対外的なオフィスの場所(郵便物などの配送先として)はバーチャルオフィスが設置されている施設のアドレスを使うといった形態です。

 

固定スペースを持たないバーチャルオフィスが重宝される理由として

 

  • 自宅仕事がメインなので固定費をなるべく抑えたい
  • 対外的に自宅住所を晒したくない
  • バーチャルオフィスでも問題なく法人登記ができる
  • ビジネスステータスが高いエリアの住所が利用できる

 

といったことが主に挙げられます。

 

レンタルオフィスとバーチャルオフィスを併せ持った施設に注目!

以上のようにレンタルオフィスとバーチャルオフィスは特徴が正反対のオフィス形態ではありますが、最近はレンタルオフィスとバーチャルオフィス両方の機能を備えた施設も登場しており、そのフレキシブルな利用方法に注目が集まっています。

 

地方企業の東京進出

地方企業の中には、商圏拡大のために東京進出を試みるところもあります。

 

その際、いきなり賃貸オフィスを借りるのは非常にリスクが高いため、レンタルオフィス契約からスタートすることで事業リスクやコスト低減を図ることが可能となります。実際の打ち合わせや商談になった際にのみレンタルオフィスの個室を活用し、普段は地元で事業を行いながら郵便物や宅配物は転送対応、電話は転送対応や電話秘書サービスといったバーチャルオフィス機能を利用することにより、特段不自由することなく仕事を行うことができます。

 

ステータス高いエリアのアドレスを使った事業展開

関東エリアの場合、東京郊外や他県に住んでいる人も数多くいらっしゃいますが、自宅で法人登記を行ったり、フリーランスの開業届を自宅のあるエリアで行ったりするよりも、都内でも有数の知名度の高いエリアにアドレスがあるほうが何かとメリットがあるのも事実。ホームページや名刺に記載する住所を見て企業を値踏みする相手も実際にいるということを鑑みて、あえてステータスの高いエリアのレンタルオフィスを契約してみるのはいかがでしょうか?

 

わざわざ毎日レンタルオフィスへ通わなくとも、郵便物や宅配物の受取は転送や引き取り対応でOKですし、普段は自宅やカフェといった場所で仕事をし、重要なミーティングや面談の際にのみレンタルオフィスの個室スペースを利用する、そんな活用形態もバーチャルオフィスとレンタルオフィス複合型の施設では可能です。

 

バーチャルオフィス機能を併せ持った時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」

レンタルオフィスとバーチャルオフィスそれぞれの機能の特徴、それにレンタルオフィスとバーチャルオフィスを併せ持った施設があることはわかった。でも自分はどれを選ぶのがいいのだろう?そう決めかねてしまった方に是非おすすめしたいレンタルオフィスが、銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」は2000年から運営開始したレンタルオフィス業界でも先駆者といえるような存在。並木通りとみゆき通りの交差する銀座6丁目「銀座風月堂ビル」の5階のワンフロアーを利用し、バーチャルオフィス機能を備えたレンタルオフィスを展開しています。最寄り駅の東京メトロ銀座駅からはわずか1分、JR有楽町駅からも約5分と交通アクセスが良いというだけでなく、「銀座」という一流が集う日本有数のビジネス街のアドレスを利用できるレンタルオフィスという点が大きな魅力です。

 

そんな「銀座ビジネスセンター」をおすすめする理由を以下に簡単にまとめてみました。

 

知名度抜群の銀座アドレスがリーズナブルな価格利用できるレンタルオフィス

銀座の中でも一等地とされるエリアの一角にある「銀座ビジネスセンター」の所在地は東京都中央区銀座6-6-1銀座風月堂ビル5F。「銀座ビジネスセンター」の会員となればこのアドレスを利用してビジネスを展開できるようになります。

 

「銀座ビジネスセンター」なら月額1万円~とリーズナブルな価格で銀座アドレスを持つことができるため、起業したてのスタートアップ企業や東京進出を試みる地方企業でも「東京銀座にオフィスを構えることができるしっかりした起業」というイメージを対外的に与えることができ、大きなビジネスアドバンテージとなります。

 

ビジネスツールの準備が不要な上、無料で利用可能なレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」の個室利用時には、机や椅子といったオフィス家具以外にも様々なビジネスツールが無料で利用できます。

 

バーチャルオフィス利用がメインとなる方であれば、レンタルオフィススペースの利用頻度はかなり限られます。それだけのために無駄な初期投資を増やすことなく、備え付けのビジネスツールが基本無料(一部有料のものもあり)で利用できるのはとてもお得です。他のレンタルオフィスと比べてビジネスツールの種類も豊富な点も評価できます。

 

利用可能なビジネスツール(一部)
■無料利用可能
インターネット(有線・無線)、カラースキャナー、シュレッダー、ホワイトボード、プロジェクター、モニターディスプレイ、80インチスクリーン、文房具 等■有料となるもの
電話(通話料)、FAX(送信費用は有料)、カラーコピー、レーザープリンター、鍵付きキャビネット、専用電話番号通知 等

 

まとめ

レンタルオフィスかバーチャルオフィス、はたまた両方使えるオフィスのどれを選べばいいのか迷っているなら「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」が断然おススメ!

 

レンタルオフィスのある銀座まで通うのが難しい場合でも、バーチャルオフィスの機能が備わっている「銀座ビジネスセンター」なら、クライアントや商談相手に対しての信用度を下げることなく、銀座にある企業として立ち振る舞うことができます。

 

これを機会に「銀座ビジネスセンター」を検討してみるのはいかがですか?

おすすめの記事