近頃、起業の準備をしている方や副業のワークスペースを探しているといった方、新規プロジェクト立ち上げ時の拠点づくりにコワーキングスペースを検討しているという方が増えています。現在は働き方の多様化により、自宅やカフェ、ファミレスでも気軽に仕事ができるようになりましたが、環境に適応できないと集中して仕事ができなかったり長く続かなかったりしてしまいます。

 

そんな時にコワーキングスペースであれば、比較的リーズナブルな金額で仕事に集中できる環境が手に入れられることもあり、スモールビジネス展開をしている中小企業や個人事業主の方を中心に人気なオフィス形態となっているのです。

 

コワーキングスペースを探すにあたってまず検討したいのが「エリア」です。自宅から近い、または本業で働いている職場から近いなど、エリア検討の要素は人それぞれですが、対外的に好印象を与えることができるエリアを選ぶことはビジネス上大きなメリットとなります。

 

そこでビジネスでのアドバンテージを考えるなら、ぜひおすすめのエリアが「銀座」です。誰もが知っているほどの高い知名度、ブランド力を持つ銀座に拠点を構えることはコワーキングスペースであれば難しくはありません。

 

ここでは銀座でコワーキングスペースを検討している方に、失敗しないオフィスの見つけ方についてご紹介していきます。

 

コワーキングスペースとレンタルオフィスは何が違うのか?

コワーキングスペースやレンタルオフィスなどの似たようなスタイルのオフィスがあり、そもそもの違いがよくわからないという話をよく聞きます。それぞれ異なる特徴を持ちますが、コワーキングスペースとレンタルオフィスの違いについてまずは見ていきましょう。

 

コワーキングスペースとは、レンタルオフィスのように仕事を行う場所が個室ではなくオープンスペースであることが多く、気軽に利用できるオフィス形態のことを指します。レンタルフィスはオフィスとしての立ち位置を前面に出しているものの、コワーキングスペースは「コワーキング」という名前の通り協業やコミュニティづくりなど出会いの場としての意味合いを持ち得ているのが特徴です。レンタルオフィスよりも個室利用でない分コストを安くすることができるため、スタートアップ企業や副業での利用者に好まれます。

 

一方でレンタルオフィスとは、個室タイプのスペース利用可能なオフィス形態を指します。専用個室タイプのものや間貸しタイプのものなどが存在しますが、利用中は自分だけの空間で仕事をすることができるため、自宅やカフェなどで仕事をするのが苦手だという人や、集中して仕事をしたい人には向いているオフィスと言えます。コワーキングスペースよりは費用が高くなりがちですが、賃貸オフィス契約をすることに比べれば低コストで済むことから人気となっています。しかしながら、専用の個室スペースは人気であるが故にあまり空きが出てきません。スピーディーに事業を開始したい人の場合、スタートが遅れる可能性があるのは注意しておくべき点と言えるでしょう。

 

現在、ほとんどのコワーキングスペースおよびレンタルオフィスでは、法人登記や口座開設が可能となっています。またオフィス家具や備品類は備え付けられているのが一般的ですので、パソコンやスマートフォン以外に準備するものはあまりありません。

 

銀座周辺にあるコワーキングスペース事情

銀座エリアでコワーキングスペースを検索してみるとかなりの数がヒットします。それだけ銀座エリアにビジネス拠点を持ちたいというニーズがあることを伺い知ることができます。中にはコワーキングスペースとレンタルオフィスの両方の機能を持つ施設もあり、用途や値段によってさまざまです。

 

以下に銀座エリアにあるコワーキングスペースの料金体系や特徴などをまとめてみましたので検討する際の参考にしてみてください。

 

銀座エリアにあるコワーキングスペース料金イメージ

エリア 形態 料金 その他
コワーキングスペースA 銀座駅から約4 コワーキングスペース・レンタルオフィス 非公表 法人登記可
個室あり
コワーキングスペースB 銀座駅から約1 コワーキングスペース・シェアオフィス・レンタルオフィス 月額15,000円? 個室あり
コワーキングスペースC 東銀座駅から約2 コワーキングスペース 月額17,000円? 個室なし
コワーキングスペースD 東銀座駅から約2 コワーキングスペース 月額20,000円? 個室あり
コワーキングスペースE 東銀座駅から約2 コワーキングスペース・レンタルオフィス 月額9,505円?

-

コワーキングスペースF 東銀座駅から約1 コワーキングスペース・レンタルオフィス 1,080円/1時間? 法人登記不可

 

レンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」とは?

以上のように銀座には数多くのコワーキングスペースがありますが、これだけたくさんあると何をポイントとして選択したらいいのか悩んでしまうのではないでしょうか。

 

また、料金は月額10,000円?20,000円程度が相場となっていますが、実は銀座には月額1万円から個室スペースが利用できるレンタルオフィスもあるのです。同じ金額帯であれば、オープンスペースより個室で仕事できるほうが能率は格段に上がります。

 

そこで銀座エリアでコワーキングスペースを検討していた方におススメしたいのが、時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」は2000年から運営を開始してきた業界の先駆者ともいえるレンタルオフィス。450?のワンフロアーを活用し、バーチャルオフィス機能を備えたレンタルオフィスが、東京都中央区銀座6-6-1銀座風月堂ビルの5階にて展開されています。

 

なぜ「銀座ビジネスセンター」がコワーキングスペースを検討している方におススメするのか、以下にまとめてみました。

?

月額1万円?とリーズナブル!個室スペースが利用できるレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は一般的なレンタルオフィスとは違って時間貸しのレンタルオフィス。会員になれば月額1万円?のプラン利用で個室スペースが利用できます(1時間1,600円?:1?6名部屋利用時)3つあるプランすべてで法人登記や銀行口座開設も可能、郵便物や宅急便の転送対応が可能です。

 

月額10,000円プラン

バーチャルオフィスとして利用したい方向きのプラン。法人登記や銀行口座開設が可能、受付対応や郵便物・宅配物の受取、転送対応が含まれます。

 

月額25,000円プラン

上記10,000円プランに電話・FAXサービスが加わったプラン。FAX対応では届いたFAXPDF化、メールにて送信してくれるサービスが含まれます。

 

月額50,000円のプラン

上記25,000円のプランに、個室利用20時間利用(32,000円分/4人部屋想定)が付いたプラン。個室利用がメインの場合にはお得なプランとなっています。

 

予算や利用頻度に合わせて個室利用ができることから、自宅やカフェとも併用しながら、集中して仕事をしたい時や打ち合わせ、面談の時だけ個室スペースを利用する人もいるようです。

?

コワーキングスペースよりセキュリティ面が安心のレンタルオフィス

コワーキングスペースはその特性から人の出入りがレンタルオフィスに比べて多くなります。そのためセキュリティ面での不安がどうしても高くなるため、個人情報を取り扱うような仕事や、機密情報についての打ち合わせなどを行うには不適切な場所となります。また、オープンスペースであるため、電話をしたりオンラインミーティングをしたりするのにも周りに迷惑がかかってしまいます。施設によっては通話スペースへ移動しなければならなかったりするため、何かと面倒です。

 

しかし、「銀座ビジネスセンター」ならそのような面倒や危険は一切ありません。時間貸しの個室スペース利用となるため、自分だけの空間で仕事できるので、個人情報や機密情報を他人に見られることはありません。また個室スペースは天井まで壁がいきわたった完全個室のため、隣の部屋に声が漏れることもありません。気を使うこと無く電話やオンラインミーティングが行えるため、有意義に仕事に取り組めます。

 

まとめ

都内で起業の準備をしている方または副業のワークスペースを検討している方、「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」は、非常にリーズナブルな金額で個室スペースが利用できる時間貸しレンタルオフィス。

 

「銀座ビジネスセンター」ならコワーキングスペースと違い、誰にも邪魔されることなく仕事に取り組めるので非常におススメです!

おすすめの記事