起業を目指して静岡県内在住でレンタルオフィス契約を考えている方や、現在静岡県内に本社があり、東京を新たなマーケットとして検討している企業に向けて、東京のレンタルオフィスを契約するメリットについてまとめてみました。

 

静岡県とはどんなところ?

静岡県は東京と大阪の中間地点に位置する地域であり、地理的条件に恵まれた都市として発展してきました。

北部には赤石山脈、東部には富士山や箱根山がそびえ、南側には相模湾を有する自然に囲まれたエリアです。

県内は富士市や御殿場市、熱海市など人気の観光地が集まる「東部エリア」、県庁所在地である静岡市を中心とした「中部エリア」、東海エリア有数の工業地帯を有する浜松市を中心とした「西部エリア」に大別され、それぞれに異なる地域性を有しています。

 

2020年7月現在、静岡県には7777.35㎢の面積に3,625,131(10/47都道府県)が居住しています。

 

静岡県の中心地は2つ、行政の中心「静岡市」と、最も人口の多い政令指定都市の「浜松市」です。前者は東京に、後者は名古屋や関西と繋がりが深い地域となっています。

静岡市は行政や文化の中心地であり、自然豊かなエリアとして生活にも便利な地域です。
一方の浜松市は、オートバイや楽器メーカーの工場が集まる工業都市として知られています。
両市ともに、関東と近畿地方を結ぶ東海道の中心都市であり、東西を結ぶ鉄道路線として東海道新幹線や東海道本線が乗り入れています。

 

静岡県にある他の主要エリアとしては、特例市に指定されている富士市沼津市、工業の町である磐田市、都心から近い温泉地として有名な熱海市などがあります。

 

静岡県にあるレンタルオフィス事情

静岡県のレンタルオフィスやシェアオフィスは、県の主要エリアである静岡市や浜松市周辺に集中しています。その他のエリアにはあまり見つけることができません。利用料も月額30000円前後と、都内と比べてあまり変わらない価格となっています。

 

静岡県内でなく東京のレンタルオフィスを利用するという選択肢

現在静岡県にお住まいでこれから起業を考えている方や、東京進出を目指している静岡県内の企業が、東京のレンタルオフィスを探す場合には、以下のようなケースが想定されます。

 

これから起業を考えている方の場合

たとえばWeb制作や動画関連事業というような、パソコンさえあれば場所を選ばないビジネス起業を考えている方の場合、静岡県内のレンタルオフィスではなく、あえて東京のレンタルオフィスを利用するといったケースです。

 

この際、法人登記や銀行口座開設が可能となる東京のレンタルオフィスを利用することで、静岡を拠点にしながら東京の企業としてビジネスを行ったり、月に数回東京出張時に利用したり、というような利用方法があります。

 

東京進出を計画している地元ですでに実績がある企業の場合

地元では名を馳せた優良企業が、東京進出の足掛かりとしてレンタルオフィスを利用するケースです。
実際レンタルオフィスを利用している地方企業の中には、東京での感触をつかむために一定期間のみ利用するといった使い方をしているところもあります。

 

静岡県内で実績ある企業が東京のレンタルオフィスを利用するメリット

静岡県内や主要都市では認知度のあるものの、これから全国で認知度を上げていきたいと考えている企業にとって、東京のレンタルオフィスを利用するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

 

地方に比べ東京はビジネスチャンスも多い

人口1000万以上が住む東京は企業数も他県に比べて多く、ビジネスチャンスがそこら中に広がっています。
東京の中でも23区、それも経済の中心となるエリアにオフィスが持つことができれば、売上アップの可能性は高まります。

 

リスク軽減のためのレンタルオフィス利用

東京進出にはリスクが伴います。特にコスト面でのリスクは事前にしっかりと考える必要があります。

たとえばオフィス機能を整備するにあたり、いきなり通常の賃貸オフィス契約を行おうとすると、おそらく初期費用だけで数百万以上かかるでしょう。人件費や維持管理コストもかかります。
しかし、これがレンタルオフィスからスタートするのであれば、コストを抑えることができるだけでなく、東京での活動に数か月間テストマーケティングを行ってみる、といった利用も可能です。
地方から東京進出の場合、まずは12人程度の派遣からスタートすることも多いと思います。その際、レンタルオフィスでミニマムスタートを行えば低リスクで済みます。

 

東京での起業・東京進出を後押しする、知名度的に申し分ない「銀座ビジネスセンター」とは?

そこでぜひおすすめしたいのが東京都中央区銀座のアドレスを利用できる「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」は業界の先駆者として2000年から続いている銀座の中でも老舗のレンタルオフィスです。

この「銀座ビジネスセンター」は並木通りとみゆき通りに面した銀座6丁目の「銀座風月堂ビル5F」にあり、交通の便も非常によく、東京メトロの銀座駅B5番出口からはわずか12分、JR有楽町駅からは5分の好立地。多少離れてはいますが、新橋や銀座一丁目、東銀座の各駅も利用でき、交通の便は申し分ありません。

また、羽田空港や新幹線停車駅となる東京駅や品川駅からも30分圏内です。

 

月曜から土曜の9時から2045分までの利用時間内には、常に秘書が待機してお客様応対を行っています。

料金はサービス内容によって月々1万円、2万5千円、5万円の3つのプランから選ぶことが出来ますが、すべてのプランにおいて法人登記・口座開設可能、常駐秘書による応対サービスや郵便物引受・転送サービスを受けることができますので、地方の方でも問題なくサービスを享受できるのが特徴です。

 

数ある銀座のレンタルオフィスの中で「銀座ビジネスセンター」をおススメする理由

数ある東京のレンタルオフィスの中でも「銀座ビジネスセンター」がおススメな理由として、以下のような点が挙げられます。

 

1つの法人契約で5名まで登録が可能

「銀座ビジネスセンター」の法人契約は、1契約で5名まで利用者登録が可能です。
そのため、少人数利用であれば賃貸オフィス契約を行うよりリーズナブルです。東京進出したてであれば、1契約で十分サービスを享受できます。もし5名以上で利用する場合でも、追加料金を払うことで利用人数を増やすことができます。

 

同じ企業のメンバーであれば複数の部屋利用も可

個室利用の際も1社で1つの部屋しか使えない、というものではなく、複数の部屋を同時に利用することも可能です(費用は利用状況に応じて掛かります)

22も個室がありますので、現在のようなコロナ禍であれば「3密」にならないような分散利用ができます。

 

銀座ビジネスセンターまでの交通手段

静岡県内から銀座ビジネスセンターへのルートでは、新幹線が停車する品川駅や東京駅利用が基本となります。

品川から銀座ビジネスセンターのある銀座・有楽町までは「JR山手線」で有楽町駅へ5(12)です。

また、東京駅から有楽町駅までは同じく山手線で1(2)ですが、東京駅からはタクシーも利用可能で、だいたい1000円以内の料金で済みます。

 

まとめ

静岡県内でレンタルオフィスを探している方や、東京進出をきっかけに全国展開を考えている企業にとって、東京都中央区銀座にある「銀座ビジネスセンター」を利用することは、きっと事業拡大への第一歩となることでしょう。

 

ぜひ一度「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」を検討してみませんか?

おすすめの記事