現在起業予定で埼玉県内のレンタルオフィスを探している方や、埼玉県内に本社があり、今後東京都内での営業拠点を持ちたいと考えている企業に向けて、東京のレンタルオフィス契約をするメリットについてまとめてみました。

 

埼玉県はどんなところ?

埼玉県は、東京の西北に位置する内陸県。

県西部の秩父地域を除く全域が関東平野の一部を成す平地であり、首都東京の巨大ベッドタウンとして広がっています。

県内は東西南北に通ずる充実した数多くの交通網を備えており、ビジネスにも生活にも便利なエリアです。

 

2020年7月現在、埼玉県には3,797.75㎢の面積に7,346,910(5/47都道府県)が居住しています。

 

埼玉県の中心地は、内陸県唯一の政令指定都市である「さいたま市」。

首都圏と北関東、北信越などを結ぶ交通の中継地点であり、都心へも30分で行けるアクセスの良さが魅力です。
さいたま市の中心駅である大宮駅は新幹線を含め全14路線が通る埼玉県のターミナル駅となっています。

 

埼玉県にある他の主要エリアとしては、さいたま市に次ぐ規模を誇る川口市、南部に位置する3つの30万人都市である川越市越谷市所沢市、北部エリアの中心ともいえる熊谷市などがあります。

 

埼玉県にあるレンタルオフィス事情

埼玉県のレンタルオフィスやシェアオフィスは、さいたま市に数多く見られます。そのほとんどが大宮駅の徒歩圏内に立地しているため、利便性が良いのが特徴です。
その他、川口市や熊谷市などにいくつか存在し、だいたい1か月30,000円前後で利用することが出来ます。

都内の郊外エリアにあるレンタルオフィス相場と同じくらいの金額で借りることが可能です。

 

埼玉県内でなく東京のレンタルオフィスを利用するという選択肢

埼玉県内在住で起業を考えている方、または埼玉県内の企業が東京のレンタルオフィスを探す理由としては、次のようなケースが考えられます。

 

これから起業を検討している人の場合

IT関連事業などパソコン一つあれば場所を問わないビジネスでの起業の場合に、埼玉県内ではなく、あえて東京にあるレンタルオフィスを利用するケースです。

 

このケースの場合、東京のレンタルオフィスで法人登記を行うことができれば、東京にオフィスがある会社ということで会社の印象をよく見せることが出来ます。
東京のベッドタウンでもある埼玉から東京へは移動も楽ですし、東京のレンタルオフィスで普通に仕事を行ったり、都内にいるクライアントを呼んで打ち合わせしたりも容易にできます。

 

埼玉県内で十分な実績がある企業の場合

埼玉県内で知名度もあり、すでに十分な実績のある企業が、全国的な認知度を上げるために東京支店を検討している、または本店移転を考えている、といった場合にレンタルオフィスを利用するケースです。

 

埼玉県は面積も広いため、車での移動も多くなります。電車での移動もエリアによっては都内まで2時間近くかかるようなところもあり、移動効率はあまりよいとは言えません。そのため、営業拠点として東京のレンタルオフィスを契約し、都内のクライアントや商談相手と打ち合わせを行ったりすることに活用できます。

 

拠点となるオフィスを持たない場合、カフェなどで打ち合わせを強いられることがあります。雑音があったり、席がなかなか空かなかったりと何かと不便が生じることがありますが、レンタルオフィスを利用できれば静かな環境で落ち着いて打ち合わせができるため商談成約に結びつく可能性が高まります。

 

東京のレンタルオフィスを利用するメリット

埼玉県は東京、千葉、神奈川とあわせて13県の「東京都市圏」というくくりでよくまとめられます。
ビジネス上は東京と変わらない環境で事業展開できることもあり、東京に拠点となるオフィスを置く必要はないのでは?と思う方もいるでしょう。

 

では埼玉県内ではなく、あえて東京のレンタルオフィス契約をした場合、どのようなメリットがあるのでしょうか?

 

助成金申請の際に有利なことも

中小企業を対象とした助成金制度ですが、東京とは他の都道府県と比べて非常に充実しています。助成金を受ける際には本店所在地が関係してくるため、東京にオフィスを構えて本店登記を行えば、これらの恩恵を受けることが可能となってきます。

 

本店移転が可能であれば手間はかかりますが、東京のレンタルオフィスをうまく活用して、東京都の充実した助成金制度を受けるメリットがあるかどうか検討してみるのもよいでしょう。

 

東京都内にオフィスがあることでクライアントに与える安心感

東京に営業拠点があると、新規の顧客開拓がしやすくなります。東京に本社や支店があればクライアントに安心感を与えることができますが、東京に拠点となるオフィスがないと都内にあるクライアントの場合には不安を与えてしまうこともあるのです。

しかし賃貸オフィスを準備しようとすれば莫大なコストがかかります。そこで営業が数人利用できるくらいのレンタルオフィスを利用することができれば、余計なコストをかけずに済みますし、クライアントの信用を失うこともありません。

銀座のど真ん中にある「銀座ビジネスセンター」とは?

そこで東京でレンタルオフィスを探す際、おススメするのが、東京都中央区銀座のアドレスが利用できるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」は2000年に運営スタートした、銀座の中でも老舗のレンタルオフィスです。
ロケーションは、並木通りとみゆき通りに面した銀座6丁目の「銀座風月堂ビル」の5階。交通アクセスも東京メトロの銀座駅B5番出口からは12分、JR有楽町駅からは5分。銀座一丁目や新橋、東銀座といった駅からもアクセス可能な場所にあります。
全国展開を目指す企業に欠かせない交通として、羽田空港や新幹線の停車駅である東京駅や品川駅からは30分圏内と、地方出張に行くのにも便利なロケーションです。

 

レンタルオフィスの中でも「銀座ビジネスセンター」をおススメする理由

数ある銀座のレンタルオフィスを探すよりも「銀座ビジネスセンター」がおススメな理由をまとめました。

 

すぐにでもビジネスがスタートできるオフィス機能が備わった環境

「銀座ビジネスセンター」は月々1万円、25千円、5万円の3つのプランが用意されています。
事業形態や人数、使用頻度によって柔軟な対応も可能です。

 

月額10,000円プラン
バーチャルオフィスとしての利用など、住所利用したい人に最適です。
法人登記や銀行口座開設、郵便物や宅配物の受取・転送対応が含まれています。
月額25,000円プラン
上記10,000円プランに電話やFAXサービスが加わります。東京03の専用電話番号、FAX番号が利用できます。FAXはPDF化してメール送信してくれるサービス付きです。
月額50,000円プラン
上記の25,000円のプランに部屋利用20時間分(4人部屋想定)が加わったサービスです。

 

個室利用時にはWi-Fiホワイトボードやプロジェクター、シュレッダー、延長コード、文房具など、充実のビジネスツールが無料で使用できます。備品類を一切買わなくても仕事上支障がありません。

 

常に約10名の秘書がおり、電話対応や郵便物の管理、急な来客にもきちんと丁寧に対応してくれます。

 

1法人契約で5名までが利用登録可能

「銀座ビジネスセンター」は、22の個室スペースや会議室といった必要な部屋を、必要な時に必要な時間だけ借りることができる時間貸しのレンタルオフィスです。
法人契約の場合、1つの契約で5名までの利用登録が可能ですので、複数のスタッフで利用しながら営業の拠点としても十分に機能させることができます。追加料金を払うことで利用人数を増やすことができます。

 

新型コロナ感染の影響で「3密」が叫ばれる中、同じメンバーでも適度な距離感(ソーシャルディスタンス)をもって仕事をしたいということもあるでしょう。そんな時には、1部屋を複数人で使うといった形でなく何部屋かを別々で利用することも可能です(それぞれの個室料金はかかります)

 

埼玉県内から銀座ビジネスセンターまでの交通手段

埼玉県内から銀座エリアまでは、場所によっては移動が大変かもしれません。それでもJRや西武鉄道、東武鉄道、秩父鉄道、埼玉高速鉄道、つくばエクスプレスなどさまざまな路線が東京の主要ターミナルにアクセスしています。池袋や上野などのターミナル駅から有楽町まではおよそ2030分程度で移動できます。

 

まとめ

埼玉県内で起業を目指しレンタルオフィスを探している方や、東京の営業拠点を探している埼玉県内の企業にとって、東京都中央区銀座にある「銀座ビジネスセンター」を利用すれば、ビジネスチャンスを大きく広げることができます。

 

これを機に「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」を検討してみませんか?

おすすめの記事